ゴーレム3


To: フェイスブック ユーザーアカウント管理者
FROM: スコット・スミス
Subject: カーラ・͡コトルのアカウント封鎖について

アカウント保持者との関係: 同居人

理由: 

アカウントのコメント欄が荒らされています。
アカウント保持者は確かに、死亡事件に巻き込まれましたが、
現在のところ殺人か、自殺か、司法も処理を保留している状況です。

アカウント保持者が、警察の保護観察に置かれている為、
本人から直接リクエストはできません。
しかしカーラの「友人に公開」していた住所や写真が、
カーラの友人のみならず、全く友人でない人々の知るところになったようです。
不愉快な郵送物が配達され、不届きな訪問者が昼夜問わず現れます。

カーラの「友人」が、フェイスブック外で、彼女の住所を公開したと聞きました。

事件の猟奇性から、不要な注目をあびるであろうことは予想はしていましたが、
住所は、閑静な住宅街に存在し、近所の人たちも迷惑しています。
申し上げるまでも無く、その住所は、当方も居住しています。
(事件後は寝泊りはしていませんが)

フェイスブック外で公開されてしまったものは仕方ありません、が、
これ以上の嫌がらせを受けるのを防ぐ為、アカウント閉鎖を申請します。

もし、この申請について追加の書類等必要であれば、
下記にご連絡ください。

スコット・スミス

====
 送信
====

   何が「友人」だ。屍肉に群がるハイエナどもめ。

   恐ろしきは人間かな――とはよくいったもんだ。人間に魔で勝る魔物はいない。

ゴーレム2

事件直後は、俺はカーラに同情的だった。 警察に、その昼、彼らが痴話喧嘩していたこと、と
カーラとの痴話喧嘩の後、俺が誘ってネイサンと一緒に昼間から少し飲んだということを
他人事のように伝える。 何を飲んだかとか、帰ってきた時間、パブの名前、などを話しながら、 カーラだって被害者だよな、と考えていた。 カーラは、ネイサンにしては長続きしている女だったと思う。 しかし、ネイサンと付き合いだす前は、DCゴス音楽好きの「シーン」では見かけなかった。 まあ、俺がきづかなっただけかもしれないけど。 しかしネイサンにひきずりこまれた「ノン・フリーク」だった可能性もある。

DCゴス音楽シーンには、アバンギャルドでヘヴィな音楽好きが集まる
「DCフリークス」というオンラインの掲示板があった。 その名前から、よく顔を出すメンバーや自らを「フリークス」と呼んでいた。
シーンの間口の広さから、音楽好きのみならず、ゲイ、BDSM好き、コンピューターマニア、当時ファンサブすらなかった日本のアニメが好きなもの、はたまたオカルトマニアまで、まあ要するに普通のアメリカンではない人が、それぞれの違いを楽しむ趣向で集まっていた。

だから、正直、普通のアメリカン・・・リアリティ・ショウやスポーツなどを楽しみ オートミール・クッキーにかぶりつき、陽だまりに生きるアメリカンの女には、 ネイサンと付き合うのはキツいんじゃないかな、と思っていた。 ネイサンは、ワインを中心とした小さいレストランを経営するシェフだが、 そのの傍ら、音楽イベントを開催したり、そのベンダーのマーケティングをする、 「シーン」のリーダー的存在だった。 ネイサンが扱うベンダーは、大概、髑髏のアクセサリーだの、攻撃的なメッセージTシャツだのを売る個人ビジネスだった。 そういったものは、まあ一般にも受け入れやすいだろうが、中には売る場所を選ばなければいけないベンダーもあった。 たとえば、拘束具だの鞭だの○×具だの、特殊な市場向けのベンダーだ。 ネイサンは、よくそういったアイテムをサンプルとして持って帰ってきた。 勿論、俺は奴と寝たことは無いし (ひどい冗談だ!)、突っ込んだプライベートな話もしなかったので、 実際にそういった商品を使用したかどうかは、知らないし、知りたくもない。 が、廊下を掃除しているとき、半開きドアの外から見えたベッドルームには、 ネイサンの筋トレ用、だと思いたい・・・ような、 大仰で特殊な器具か家具か、がチラりと見えた、ことはあった。 要するに、間違っても陽だまりに住んでいる奴ではなかった。 DCの裏のカルチャーに通じ、むしろ夜に生きる奴だった。 ネイサンが好んで使ったシーン・ネーム「ダーク」が、それを表している。 もし、カーラが何も知らずにネイサンと付き合いだして、 ネイサン色に染め上げられていったのだとしたら・・・? 人によっては「素質がない人は、惹かれない」とは言うが、 素質があるかどうかなんて、自分自身にも分からないことの方が多い。 なにか無理に自分をだまして、ネイサンに合わせていたのだとしたら、 それは身体的にも精神的にも、相当な負担なのじゃないかと思う。 次の日、警察がカーラの供述書のファイルを持ってきて、 不自然な所があったら指摘するよう指示してきた。 それを読んでも、まあそんなところだろうな、と思った。 ネイサンは、コトの真っ最中にセミオートのライフルの銃口を自分に向け ベッドの上のカーラにトリガーを持たせた。 「俺が憎いか?憎いなら殺してみろ!」 と、言って銃口を咥えこんだそうだ。 カーラは拒否したが、ネイサンに平手打ちをくらい、 その勢いでトリガーをひいてしまったそうだ。 ネイサンは気が狂っていたのかもしれない。 そう思って、駆けつけたネイサンの家族と葬式の準備している間も 俺は少しカーラに同情していた。 していた・・・んだが。

ゴーレム1


この話はグロいです。残念ながら、これも、半分以上ノンフィクション。
しかし語り手の「俺」は捏造キャラです。
それ以外は実在する人とそうでない人が混在しています。
元となった事件のWashington Postはこちら
-----------------------------

「カーラ、出所したってよ」

カウンター席についたとたん、そんな声が飛んできた。
不吉な音楽が大音量で流れるクラブの端のカウンター。
轟音のために、聞き違えたかと思ったので、

「え?何?」

と、聞き返した。

ダーク・ゴスが大音量で流れるこのダンスイベント「アルケミー」の名物(で、ゲイ)のバーテン、クリスは冷蔵庫に両腕をついて、バーに寄りかかるようにして、俺の耳元ではっきりと言った。
いつものテラテラのリップグロスが、至近距離に近づくとちょっとぞくっとする。
防衛本能かもしれない。

「カーラがもう出所したって言ったんだよ。」

まだRail Drinkを二口しか飲んでいないにもかかわらず、
俺は少し眩暈がした気がしてカウンター席にへたりと座り込んだ。

-----------------------------

カーラは、2年ほど前、当時付き合っていたネイサンを自宅で射殺した。

俺は、その頃その1.カーラと、2.ネイサン、そして3.当時俺が付き合っていた女
と、合計4人でハウスシェアをしてバージニア州のフェアファックスに一緒に住んでいた。

自己防衛と心神喪失を主張して、3年半の懲役が下っていたはずだ。

まだ二年しか経ってない。
早いだろ。
-----------------------------

第一発見者、というか、カーラの「私がネイサンを殺した」という申告を聞いて、
警察に電話したのは俺だ。
鮮血を浴びた、呆然と立ち尽くす全裸のカーラに
バスタオルをかけたのも、俺だった。

不思議と、冷静に頭は回ってて、
警察が来るまで血を拭いたり、シャワーを浴びせたりしたらいけないんだろうな
ということを考えていた。

真っ赤に染まったベッドに横たわる、これまた全裸の友人は、
しかし全く友人の顔をしていなかった。
半分以上顔が吹っ飛んでいたから。

何かひどく、非現実的な世界を歩いている気がして、
自分を現実につないでおきたくて、こうしなきゃ、ああしなきゃ、と
俺は妙にテキパキと行動していた。

だから、警察を待つ間に帰ってきてしまった俺の彼女にも
「二階に来るな!」と怒鳴りつけた。
彼女は、火薬の混ざった、生臭い臭いから、何かを察したようで、
コートも脱がずに一階に留まっていた。

警察はその後数分もせずに来た。
玄関先で、「二階です。二階に行ってください。カーラも上にいます。」
と伝えたとたん、情けなくも足腰の力が抜けて、その場にへたり込んでしまった。

たてつづいて大雪が降った年だったので、
出入りする警察のブーツについた雪と泥で
玄関先の床はぐしょ濡れだった。

へたりこんだ俺のジーンズも濡れたので
「俺、失禁したように見えるかな・・・?」
と、くだらないことを彼女に言った。
彼女は真っ青になって震えてたちすくんでいたが、それを聞いて抱きついてきた。
彼女のタイツもびしょ濡れになった。

こっちに移りました


こっちに移りました。

ワタシひでえな、ここ2年半放置してたんだね。

ええと、二年半の間はちょっと病院通いとかありました。
今はひと段落しました。
と、昔からのリンク先様向けの言い訳を冒頭にしておきます。

リンクしていただいている方々が、その間がんがん更新されていたのを
今まとめてチェックしてステキ・・・・・・とちょっと危ない人になってます。

あああ、でも、今年こちらでは英語でも書くと思いますので、
タグをたよりに日本語のみ表示と英語表示を切り替えるようにしたいと思います。

==============================
で、今年。2012年。
オンで仲良くしてくださっている方々は、遠くに住んでいらっしゃる方が多いのに、
いつまでも仲良くしてくださってありがとうございます。
これからも、見捨てないで下さるとうれしいです。

今年は初っ端に足元総崩れがあったため、
何があったかあまり覚えてません。
(あ、そんなわけで、去年に引き続き私はお年賀しません。)

私が覚えてないことでも、メールの送信履歴は覚えてくれてます。

ええと、

-1月:前述のとおり、足元総崩れ。
 どうして英語勉強したかったんだっけ、アメリカの空気にあこがれたんだっけ、
 とか、そういう基本の足元がなくなりました。
 しかし、ダルマ落しは足元崩れても立っているので、そんなダルマになりたいです。
 お葬式は、無理したけど行ってよかったと思ってます。
 飛行機やホテルやレンタカーの手配をいつのまにかしてくれた旦那、ありがとう。

-3月 父の一周忌で、日本に行きました。上記のせいで情緒不安定マックスだった
 ワタシのお相手してくださったみなさま、お世話になりました。

-5月 母が訪問しました。いろいろなものが高すぎる場所にあるそうです、うち。

-6月 ピアノを習い始めました。先生はクレイジー。
    しかし黒光りするピアノと絡んでみて、なにか自分の原点を見つけたv
   これとともに、バレエをやめて、ヨガを始めました。

-8月 養子もらう手続きをはじめました。書類とかいろいろムカいてます。

-10月 またマラソン走りました。ちょと早くなったカメ。

-12月 大人気なくもピアノの発表会に出てしまいました。2回。

-巴の脱走件数:2件。両方オールナイトでした。
 直近のではあちこち怪我して帰ってきたので、獣医で6万飛びました。ばかトモラ~

-よそじになりました。したがって酒に弱くなりました。

ああそうだ、仕事では、
-12月 関わるプロダクトが、サポート終了することがきまり、
同僚全部やめてしまって、残飯プログラマになってしまった。
まったく、世の中大風呂敷広げるのは得意でも、お片づけ嫌って人ばっかり。

とりあえず来年の予定は

-秋ごろに日本に行くようです。ほんとにちょろっと。

-最近積極的に行っている、生ピアノ演奏会。
 来年最初は一月で、 マイ萌ゾーンど真ん中のBrian Ganz氏のショパンプロジェクトです。 

 あとチケ取ってるのは、
     - 4月にケネディセンターのショパンコンチェ2。こちらはEmanuel Ax氏。
  私的にはそんなに萌えない演奏ですが、正確な人です。
   - 7月は近くの大学でやるピアノ国際コンクール観戦。若人よハッチャけろ!
 
-5月のマイ発表会はバズーカ、じゃないマズルカです。 

-1月末から、週三回早起きのトレーニングクラスにサインアップしました。
 ここれで減量でっきるかな??(汗)

-Mixi脱兎。なんですかリアルタイム足跡って?

-今年こそちゃんとMS試験受けないとな。仕事も脱兎。

そんくらいです。
あああと、

-巴が逃げないことを祈る。非脱兎。

ですね。

この手の変な夢、みたことありますか?

このエントリ、くだんないよ?
---------------------------------------------------------
最初はマイミクさんの単行本が出て、それがアニメ化して、
高校の時の友人と発売日がどうのという話をしている、
という時系列な普通の夢なのだけど、
そのアニメを私が実家のテレビで見てる、ところから変になる。

ちょっと怖い話的なアニメで、3歳ぐらいの七五三みたいに着飾った女の子が、
田舎のおじいちゃんとおばあちゃんの家にいる。

その女の子は、たんすの上に上ったり戸袋に隠れたりといたずらが酷いので、
おじいちゃんに「今度いたずらしたら、おひきずりさんが出る隠し間に閉じ込めるぞ」
といわれた。

女の子は聞かずにいたずらしたので、暗い隠し間に閉じ込められた。
埃っぽい古道具の物置みたいな畳部屋の端から、ずるっずるっという音がする。

だんだん近づいてくる。

怖くなった女の子は、近くに来たおひきづりさん、に、しがみつく(なんだそら)
女の子の腕が妙に長く、毛もじゃのおひきづりさん、の肩まで届いていた。

おひきづりさんの外見は、蓑着た赤鬼っぽい、なんだけど、
顔はオカメのお面みたいな白いのべっとした感じ。まあ妖怪っぽいな。

抱きつかれてびっくりしたおひきづりさんは、部屋の戸袋(というかロフト)に逃げ込む。
おひきずりさんに逃げられちたので、女の子は泣き出した(たいそう変な子だ)
しょうがないので出てきたおひきづりさんは、
20歳ぐらいの浴衣を着た青年の姿になっていた。

おひきづりさんと、女の子は外の小川に遊びにいく。

女の子は、おばけは日の下に出ても消えないの?と聞くと、
消えるよ。と青年は答えて、手を見せた。手は透き通っていた。

ショパンのグランポロネーズがBGMに流れてて、透き通った手と、
小川の水と光と合ってて、たいそう綺麗だった。
グランポロネーズは、私の目覚まし(笑)
--------------------------------------------------------
怖いのかメルヘンなのか分からない夢だけど、起きてから、
妖怪が女の子を連れて行ってくれないことが凄く悲しかった。

実は女の子の方が妖怪なのかもしれない??

埃の質感とか、女の子の着物の柄とか、
色とか影の揺れ方とか凄い細かいところまではっきりした夢なのだけど、
私はおばあちゃんの田舎、みたいなものはなかったので、
私の記憶ではないはずです。
なんか変なゆめだったので、書き留めとくことにしました。

先週末、Baltimore Marathonを走りました

今年もポリティカルメッセージつけて走りました。
フォト
選挙を目の前にして、共和党による、低所得者層への投票妨害が酷い有様だからです。

うちの州法は変わらなかったけど、となりのペンシルバニアとか大変。
まあ、それは別スレで。
タイムは4時間15分15秒。去年より30分早い。

年齢&性別による効率指数が55.7%、でした。

去年が49.8%だったから、満足。

このGPS時計のページの「Play」で、私を追跡できます(笑)。
http://connect.garmin.com/player/233086169
リレーと、フルマラソンのスタートは同じ。

リレーは5人組で走るので、5マイルちょっとづつかな?
ハーフは途中から合流します。

5kmは、全然別コースだけど、スタートラインはフルと一緒。15分遅れで出発します。
フルの車椅子参加者は、フルより10分前から出発します。

オリンピックの年は、米国大統領選挙の年と重なります。
オリンピック見て触発されて走る人と、
選挙メッセージつけて走る人が、
いつもよりプラスされるので、大層混んでました。

メリーランドは、同性婚(Poposition 6)が州議会で可決されて、
その後の市民投票を同時にするので、Vote For Prop 6サインつけて走っている人多かったです。

悪評高いMarathonfoto、
今年は去年とまとめて買うつもりですが、取り急ぎ画面キャプチャで失礼。
フォト
うしろの着ぐるみ・・・
フォト
「いやあああーーーおーとーこーーー!」走るのって、面堂終太郎の妹だっけ?
フォト
あと、3マイル地点あたりの動物園のペンギンとかオポッサムとかペリカンとかが
檻から出てきてご挨拶してくれたv
で、その3マイルあたりで、花束抱えた男性と、そのご家族が並んで
でっかいサイン。

「クリスタ!結婚してくれる?」
どうやら当のクリスタはまだ通過してなかったようですが、プロポーズの結果が気になります(笑)。

私の周りの人ば、通過してからぼそっと
「一緒に走らなきゃ駄目じゃんねー?」とか、突っ込んでたけど。

あれが、「{男性の名前} あなたの子よ!」とかで
走る準備万端の女性と、ジョガー乳母車だったらオモロイのにな。

その男性、世界記録出しちゃいそうだよね。とか、道々考えて一人でウケてました。

後から知ったのですが、ことしのBaltimoreマラソンは女性の参加者の方が多かったとのこと。

半世紀ぐらいまえには、女性のマラソン参加が禁止されてたとおもうと、
時代とか常識って変わるもんですね。

去年は、一週間前に靴を犬に噛み噛みされて壊されてしまった・・・のですが
今年はそんなこともなく、スポーツジェルを9マイル、17マイル、と22マイル地点で
予定道理補給できたので
あまり酷く疲れることはありませんでした。

筋肉痛もはやくとれて、昨日は5kmぐらい走れました。
やっぱりつま先の人差し指が紫になったけどね。

DCの海兵隊主催のは、2週間後です。ちょっと見に行こうかな?
そして来年はDCも走ろうかな~??

ピアノマスター、ふたりばなし。

まず土曜日@一人目@先生
夏の終わりに先生が階段から転落した、ので膝の手術した、
 のでで2週間秋学期開始が遅れてたんだけど、
 今週朝レッスンに行ったら、「今朝、救急病院に運ばれた」とのこと。
えー;; 転んだだけ、で、すぐに帰ってくる、と言うし、仕方が無いので、
好きに生ピアノで自習したけど、次の子が来ても戻らなかったので、
帰ろうとしたら大学のセキュリティが 「すぐそこの病院の救急病室○×にいるから、寄っていったら?」と教えてくれた。

救急病院で先生に会って話を聞いたら、 どうやらまた階段から転落したらしく、
 本人は全然大丈夫、とか言ってんだけど、
 手術しなかったほうの足の膝のお皿が割れたらしい。

えええー;; また手術ですか・・・ 一人暮らしだというので、近所なので車で送って行った。
 ついでに食料品の買出しもした・・・んだけど、 渡されたリストが、
カップヌードルとか安売りのピーナツバターとか、 もうちょっと健康に気をつけて欲しいな…;;
 音楽、つか楽器職業にしている人って、料理しないが普通だというけど。
だがしかし71歳ひとりぐらし、カップヌードルはイカンと思う。
しかも私、11月の末の週末に発表会に参加するんで、

曲決めたばかりなんですが・・・バロックの小品とはいえ、
ええと最後に人前で弾いたのは、合唱コンクールの大地賛賞? 25年ぶり?で
舞台でピアノ弾くわけで、 先生が指導ままならずって状態は不安なのですぐぁ
・・・ まあなんとかなる、かもしれない。

 ===================================
二人目。 日曜日は、近くの教会でピアニストBrian Ganzが
「全部ショパンだ!3時だよ全員集合!」(タイトル意訳)をやるというので
旦那と義理家族とで行ってきました。
お題目はこんな感じ
 Mazurkas 1, 3, and 5 from Op.7
 Fantasie, Op. 49
Nocturnes in B Major, Op. 62 and C-sharp minor, Op. Posth.
Études 4, 10, and 12 from Op. 10
Seven Preludes from Op. 28
Fantasie-Impromptu, Op. 66
Impromptu No. 2 in F-sharp Major, Op. 36
Polonaise in A-flat Major, Op. 53 (“Heroic”)
Fantasie Op49 、

スゲー高音の斬りっぷりで。でボロ泣きしたー;;
幻想~の陰に隠れて非常にマイナーな即興曲No2、 初めて生で聞けました。
絵本をお話ししているみたいな曲で大好き。感動。

日本のサントリーホールにも行った有名ピアニスト、 なのですが、意外と喋りが上手い。
マズルカでコントもやる(笑) これで$15は安いだろ? と思ったら、
どうやら、おらが町出身で、この教会でオルガン弾いてたとのことで 毎年この値段で、
この小さい会場でこの小さいコンサートやってくれているらしい。
義理堅いねえ。 そんな良くも悪くもピアノ満載の週末でした~。
 来週はRen Fesで、再来週はマラソンです。 落ち葉よとまれー!
<掃除している時間が無いのに容赦なく落ちる

11年前


光陰矢のごとし。 

Mixiで書いたことなかった、と思うし、☆サイトでもうだうだ言わなかったし、 
そういや、あの頃メアド持ってた友達にぐらいにしか状況を伝えてなかったと思うし、 
新しくお友達になってくれた方々もいるので、おさらいしてみます。 

当時、Pentagonの近所に住んでて、Crystal Cityから 
West Falls Church行きのバスで通勤してました。ばっちりPentagonの横通って。 

そのころネットワークエンジニアとしての国際インターンとして働いてた。 
会社がネット上で商売することの重要性があがりつつも、 
全ての小企業がITスタッフ雇えるわけではない時期だったので、 
そういうところにビザ不安定な国際インターンの需要があったんだよね。 
当時タダだったRedHatで鯖たてたり、ホームページ作ったりしてた。ワインの輸入業者でした。 

で、その日は普通に出勤してみたら、オフィスのテレビの前で 
普段は倉庫で搬入とかやってるメキシカンたちが大騒ぎしている。 
よく分からないけどNYが攻撃されている、ということはメキシカンから教わって、 
うわ、と思った。数ヶ月前にNYに行ってたし私。 

で、見てるとビルが倒れる→今度はPentagonもやられたとくる→ 
まだまだ他にも飛んでてDCにも来るらしい→他州に何機か落ちた→ 
フィラデルフィアも攻撃された→DCは狙われているので全住人退去命令→ 
なんか全州攻撃されるらしい。 

などと、まあ今から思えば誤報と正しい情報ごっちゃまぜでTVもラジオも流してた。 
確かにヘリはFalls Churchまでがんがん飛んでくる。軍事用ヘリって違う音するんだよね。 

外国人はとりあえず外に出るなと言われた。やむを得ずに出るときは身分証を必ず携帯しろと。 
家に帰るのにPentagon通らないといけないんですが;と言う話を雇用者にすると、 
West Falls Churchの駅の方に行く人が、駅まで送ってあげるというので、 
メトロを使って帰りました。 

いやいや、メトロだってPentagon通るんだよ。あんだけ多くの軍人の通勤があるところだもの。 
2ラインが合流して停車する大きな駅だよ。 
勿論その日はPentagonは通過。メトロは地下鉄なので、上から崩れた建物落ちてきたらどうするんだよ;と思ったけど。 
地上の交通はシャットダウンしても、人の輸送のためにメトロは動いてたんだね。まあ軍事施設の地下は堅牢なんだろうし、上空の脅威はあっても、地下は大丈夫と言う判断なのでしょう。 

アパート最寄駅降りたら、凄い変なにおいがして怖かった。 

アパートに着いたら、当時のルームメイトのおばちゃんも帰ってきてて、お互い無事を確認。で、私に絶対外出るなと言いのこして、すぐにPentagon負傷者のための献血しに出て行きました。 

ダイヤルアップのネットはつながったので、心配してメールくれた人たちに返信。実家に電話するも、国際電話は数日後まで暫く繋がらなかった。 

NYに行った同じインターンプログラムの友達等々の安全も確認。 
当時、私はDCのゴスなクラブに通ってて、そっちで当時新しくできた友達も安全確認。 
ただし、軍人の友人は同僚をなくしたりしてた。 

そんなわけで、日本人米国人含め私の周りでは被害はなかったのですが、 
その後の米国セキュリティがばかばかしいほどに変化したり、 
何よりもPentagonの側面に大穴開いてるのを見ながらその後数ヶ月過ごしたり、 
やっぱり私の人生の中での一大事のひとつでした。 

あまり関係ないけど、この日2chを見たら、ビルから飛び降りる米国人を馬鹿にする 
AAばかりだったので、それ以来2chに行ってません。 
あそこは殊に○×人以前に、人間なんだという感覚が苦手な文化だよね。 
自分たちが人間以前に日本人だから、という扱いを受けているからなのかな? 
今でもそういう感想をもつわ。 

11年って本当に早いね。あそこから個人的には多少前進したと思うけど、 
さてアメリカ自体はどうだったろう?と考えること多し。 

911より、あの後の8年のバカ大統領が痛かったよね;; 
そう思うので、同じ鉄を踏むことないよう、 
小さなところからニジニジしていきたいと思ってます。折角アメリカで生きてんだしね。 

バレエやめました。


って、宣言するほどのことではないか。

正確には、「ピアノの出費と時間のリズムのめどがつくまで、
バレエ休止します。」 かな。

色々考えることあって、クラッシックピアノの先生について
再勉強しはじめたのですが、
最初なので週一30分というミニマムなスケジュールにしたのだけど
結局先生と突っ込んだディスカッションになってしまうため、
子供や初心者ならともかく、これじゃ教え切れない、足りないとのこと。

確かに毎回時間オーバーしてしまっているので、申し訳ない。
1時間に格上げします。はい。

で、そうなるとバレエの時間も金も足りない。
しかしバレエやらないと運動不足にもなる。
うーん。ばーらんすー
結論として、行っているジムのメンバーシップを月+$8して
そこのヨガクラスとか、Body Pumpとかのクラスに出ることにしました。
朝は一日おきに犬と走るので、まあこれでバレエ分はカバーできるでしょう。
Body Pumpでダンベル持つので、手を保護するグローブも買いました。

ん?つまり、地元引きこもりになったということかな?(笑)
しかし、練習日記をつけてて思いますが、
踊るも、絵を描くも、音を演奏するも、結局同じなんだなあと思いますが、
言語ではうまくタイプできません。

----------------------------------------
写真は、散歩コースの湖で、ガチョウのひよこを追いかける人間のひよこ。
と、手作りのヨガマットカバー。 いつもどおりヨレてます。
と、先々週見かけた賽の河原。 若い男性のヒッピーもといアーティストが、積んでました。

鬼が来て崩されたのか、先週見たらありませんでした。

もうすぐ母が来る忙殺週末

今週の水曜日、母が来るため、掃除やらIKEAやらで大忙しの中、 去年の夏に書いた天舞宝輪のフレーミングしました。

55インチ×26インチという、無茶な大きさです。 普通はカスタムでフレーミングお願いするサイズですが、それだとかなり高価になるし、 シンプルなフレームにしたかったので 各インチごとで指定できるここでオーダーしました。 http://www.posterframedepot.com/ 大きいので四苦八苦しましたが、そうでなければ簡単に組み立てできるようにして 送ってくれます。 そしてLacuna Coil。 正しくは、Rob ZombieとMegadeth、+さぽーとでちょこっとLacuna Coil。 前から見たかったので、そんな家から音が聞こえるところまで来てくれたら、見に行かなきゃ! と、母が来るバタバタの直前でしたが、さくっと見てきました。 久しぶりの盛装。

しかし、Merriweatherに車で行くと、 駐車場入る出るだけで時間がかかってしまう為、ちゃりです。
ちゃりごす。 あほです。 しかしこれだと、会場まで5分かからない。
 車だと、駐車できるまで余裕で30分です。
ばかばかしいと思うでしょー。 サブステージから聞こえたメタリカコピバン。

肝心のライブは、新作中心の6-7曲。 Heavens a LieとSpellbound以外は新作からでした。
みじかーーーい! Andy Ferroの声が聞こえなかった・・・のは音響か本人か。
その分Christinaの声はすごい伸びてました。 演奏も正確だー。音が一つ一つはっきりしてる。
 いや私芝生席だったので、音響そんなによくなかったんだけど;
 隣にいた人に、今年1月にBaltimoreに来てフルレングスしたんだよ! って聞いて
、え、そだったんですか?がくー。と。1月か…無理。
次に来てくれたら逃さないようにします。はい。

 で、この後Rob Zombieだったら残ろうかなーと思ってましたが、
 Megadethが先だというので、さくっと帰ってきました。
 Megadeth昔の曲で大好きな曲数曲あるんだけど、 今は見たくない。見とうない。
昔日本で見たし。なの。

これで8月末まで多分ライブは行かないけど DCのAlchemyが復活したので、そっちにフラフラしようと思ってます。

Anthony Reale氏にDonationをお願いします

m(_ _)m (元記事はMixiのコミュニティにポストしたもの)
--------------------------

Mark Realeオフィシャルサイトに、Markのお葬式と、Markの父親であるAnthony Reale氏への寄付の詳細がアップデートされました。


(直訳でなく、若干補足入れてあります) http://www.markreale.com/ 上記オフィシャルサイトのニュース欄最新記事より、Markのお父様であるAnthony Reale氏に寄付を送れるボタンが出てきます。

「Donation」ボタンをクリックすると、paypalのアカウントで支払うか(画面右側)、クレジットカードで支払うか(画面左)を選択できます。クレジットカードさえあれば、新たにpaypalのアカウントを作成する必要はありません。

(既存paypalユーザーはもちろんpaypalアカウント使用可能です) 自分が寄付したい金額を入力して、クレジットカードの情報を入力すれば、あなたの寄付がそのままMarkのお父様の口座に届きます。アメリカは日本と違い国民保険がない為、医療費がとんでもなく高いです。(盲腸で250~300万円だとか…ずっとこん睡状態で入院していた事を考えると大変な高額負担だと推察されます。。)

実の息子を亡くされたばかりなのに、病院の高額な医療費の請求はすべてMarkのお父様の負担となってしまいます。 お花を送るかわりに、お父様に寄付をお願いします。

皆様のご協力、よろしくお願いします。

下記お葬式の詳細

・Viewing(お通夜) 2012年1月31日6:00~8:00pm Porter Loring Mortuary North http://www.porterloring.com/?page=locations

・MASS (ミサ) 2012年2月1日 12:00~ St. Mark the Evangelist Catholic Church http://www.stmarkevangelist.com/contact-us/map.aspx

ミサに続く埋葬は下記の墓地にて行われます。 Holy Cross Cemetery http://local.yahoo.com/info-19298560-holy-cross-cemetery-san-antonio?viewtype=map なお、現地1月29日「サンアントニオエクスプレスニュース」日曜版「メトロ」セクションの死亡記事欄に、Markの記事が掲載されました。


(オフィシャル最新記事参照) マイクの横で微笑む、Markの写真が使われたようです。

2012の送信メールの記録 亡くなった後

なくなった後のツイートです。









Mixiの日記はもう見れませんが、当時ロードスタッフをされていた方に、
Markはカソリックで、カソリックの魂は、体がなくなっても神様のところに行くから、今はすごく安らかなんだよ。
だから泣いちゃダメだよ、というお話しをききました。ということを日記に書いていました。

ご本人は長い闘病を隠すためか、重い化粧が施されていました。
それでも若いころに追っかけてた姿の上にお棺の蓋がのっかってしまう瞬間が一番つらくて、
大泣きで崩れてしまったところを、過去バッキングボーカルをやっていた女性に転ばないよう支えてもらいました。

お墓は自然の鳥の声が良く響くところにあり、ずっと流している彼のギターの音と重なって、
とても美しい埋葬式だったことを覚えています。

―――以下、以前お世話になった方々への送信メールの記録です。

xxさん

雪お気をつけて。お優しいお言葉ありがとうございます。つい先日、○○さんとも連絡が取れました。
音楽は永遠ですよね。私はいままでショパン弾くたびにそう思ってました。Markはショパンみたくなったんだと思います。
全世界のギターキッズがMarkの音を引き継ぎますように。 xxさんもご自愛してお過ごしください。

――――――――――――――――――
xxさん
(前置きに個人情報あるため略)

18歳上なので、いつかはこういう日がくる事は自然な事だと思ってはいました。
しかしここまで早いとは思いませんでした。
病名聞いたときに、正直ダメだと思い、しかしそのダメだと考えから自分を引っぺがしていました。

レポでも、xxさんやほかの方とのメールでも、Markが戦っている間は言えなかったことがあります。
Jaxx前で○○と△△とで、Jaxx以外のこの近所のハコの話をしてたんです。
結構具体的な名前が挙がってて、今回キャンセルになったから、次こないとね、と言ってくれたんです。
そのとき、隣の○○に、私が「次はMarkも一緒だね」って言ったら、沈黙して目をそらされてしまいました。

今から思うと、○○を大変困らせてしまいました。○○つらかっただろうな・・・申し訳ないです。
でも、私そのときは、Markは回復すると思っていたんです。くも膜下出血と聞いたのはその次の日でした。

どんどん、もうだめだ、という可能性がつよくなってきても、
苦しい思いをしていたMarkにも、戻ってきて戻ってきて、とうるさくポストして、
私Markにひどい事をしてたと思います。でもどうにかして戻ってきてほしかった。
アメリカで新譜でファンが増えているんだよ、てこと知ってもらいたかったので。
たとえ、障害が残って車椅子になったとしても、米国でフロアいっぱいの歓声を聞いてほしかった。
これも私のわがままなんですが。

xxさんのおっしゃるとおり、△△が引っ張ってくれると良いですよね。
Riotの曲は、ツインリードのShowじゃないと大変だと思いますので、
できれば有能な新ギタリストを雇って、新作でツアーをしてくれれば良いなと思っています。
新ギタリストが左側に立ったら泣いてしまいそうですが。
でもそんな自分勝手な涙は、前に進もうとしているRiot側には見せてはいけないと思います。
名曲を世界中でプレイしつづけてほしい!

これからのことですが、今はRiot初め、ご家族も◎◎さんもお忙しいでしょう。
しばらく、数ヶ月たったら、◎◎さんにメールで
一ファンがMarkのお墓参りをしてもいいものかどうか、聞いてみたいと思います。
旦那も一緒に来てくれるようですので。

くりかえすようですが、この米国での私の人生はRiotをきっかけに頂いた人生なので、
一日一日大事に、自分の築いたこの生活を送る事が、Markへの感謝を示すことになると思っています。
xxさんも、Markから貰った思い出を大事に素敵な日々お送りください。

―――

xx さん

葬儀の日程が出て、◎◎さん曰く、ファンも参列していいということなので、
月曜日の仕事の具合にもよりますが、火曜日にサンアントニオに飛ぶ予定を今たてています。
Texasは初めてなのでうまくいくかわかりませんが、最後にMarkにご挨拶できたらいいな、と思っています。

―――

xx さん

葬儀に出ても、メンバーや△△さん、お父様は近いお友達やご親戚との対応で
お忙しいと思いますので、もし、ひょっとしてお話しできる機会があれば、お伝えいたします。
写真もありがとうございます。
私は少数派かもしれませんが、この96年時の髪型が一番お似合いだったとひそかに思っています。長くて邪魔だったかもしれませんけどね(笑)

―――
xxとは会いましたが、お互いあまり余裕がなく、あまり話しませんでした。

Mixiのコミュでのレポは、ごめんなさい。控えさせてください。
故人に対する想いは、出席されていた方々、様々だと思いますので、
それを不特定多数の人たちに報告することは、私の信条に合わないのです。
Facebookの写真はごらんになりましたでしょうか?
〇〇さんの送られた千羽鶴で、日本のファンの思いはMarkと一緒でした。

表層的なことでですが、メールでxxさんに報告できることは
 -Markはあの見慣れた、紫のベロアのブラウスと、黒皮のベストを着て、黒のピックを持ってお休みになってました。
 -Kissの缶バッチをつけていたこと
 -個人的にMarkを知る人たちは、皆「Great, Humble Peson」と口をそろえていっていたこと
――――――――――――――
以下、Facebookの記録です。

Facebookにも思い出の写真をポストしていましたが、周囲の米国人が誤解した発言したため怒って下記のように削除しています。1/29/2012

On the other hand, "Person I respect" does not seem to explain my grief at all. *Respect*. Isn't this enough word? Many misunderstandings are hurting me further. Do people ask question around here "How long will you be in grief?" "Why you are so sad about just a musicians' death?" Can't I just purely have great memory of shows and fan meet-and-greet? Is it that odd a girl liked a guitarist, without gender implication? Why can't I keep my respect from others smearing mud of shallow imagination in their head? Can't I be just a MUSIC fan? Disgusting. If I have to deal with such misunderstandings, and that is the way to treat others grief in AMERICA, I will treat you back in such way. ....I removed most of Riot related post on my wall to avoid further misunderstandings.

1/30/2012 
Some people experience their parents' death with repent; "I could have supported mom|dad better"... likely because that person's life had been too busy developing to return to the home ground. Well, I think I am in that state right now.

また、やっぱり米国の医療体制のことが悔しかったポストもしていた。リーマンショックの後、処方箋薬が高騰して、手に入りにくくなってた。彼のようにPre-Existing Conditionがある米国人がどんどん生きにくい世の中になっていってた。だから簡単に
"just gave up to deal with it" だとは思わないし、本人のチョイスだったようなことは言ってほしくない。しかも雇用されていて安全圏にいる人がそれ言うか、と感想。

で、私は医療業界の一部にいた。別件だけど、この前年に、そういう医療制度や保険会社の弱い者いじめに腹立って、Occupyにも加担してたんだったよね。

以下も当時のFBポスト
Things in my mind while donating to the father:
My artist friend in Japan does not have employer-based health care for sure; She is self-employed, issued many books and pretty popular enough to show up magazine top cover.
She has choice between general national health insurance (for everyone), OR insurance provided by art worker's organization (janica.jp), which is authorized by labor department.
We need the equivalent systems in U.S. for workers for art and culture, otherwise we end up with giving talented people health-less-care.
Until then, I'm silently donating to cover up the current health care mess.

彼に関してはObamacareも間に合わなかった話だし、2016年からはさらに改悪してるし、今も改善していないよ。米国医療のMess。

ツアーの様子+α (元記事はMixiのコミュニティにポストしたもの)

ライブの様子がUpされてます。
http://www.youtube.com/watch?v=2j-Qbr0I5oI http://www.youtube.com/watch?v=gzGZwCPqmaI
----------------------------
ここから下は、おまけです。 私は米国に移住してからRiot(というか殆どのメタル)が見れてないので 13年ぶりに見れるRiotが、しかもVAに来ることに有頂天になり、 NYに行くアレンジメントをしてなかったので、でVAがキャンセルになったので結局見れませんでした。 次回は、最初から疑ってかかって綿密に計画しようと思います。 そのVAでの、レポでも何もないのですが、 メンバーの様子を是非、とリクエストがあったのでポストします。 日常であまり日本語使ってなくて退化しているので、読みにくかったらすみません。
 ---------------------------
17時半ぐらい?に会場横のシシカバブのお店で食事してます。 とFacebookのRiotページでMikeからReplyもらってたのですが、 旦那の携帯も私の携帯も受信状態が悪く、 会場に着いた6時半ぐらい?にはよく状況が分からず、 会場の外には誰もいない状態でした。 なので、旦那もわたしも会場外に立ち尽くす羽目に。 

うろうろしているうちに、シシカバブ料理店の玄関の窓のむこうに Mike発見したので、声をかけると、 顔色変えて「まさか日本から来たんじゃないよね?」 というので(私が94年の来日ツアーシャツ着てたので)、 いやいやMarylandに住んでますと言うとちょっと安心。 

そうこうしてると、他のファンもわらわら集まってきて、 シシカバブのレジ前が人だかりになったので 外に出ましょう、ということになりました。 キャンセルになった会場前の駐車場で、Riotは親切にも寒い中、 ファンとお話したりサインしたりしてくれました。

 で、Tonyがスタッフさんに機材車開けられる?みんなTシャツ欲しくないかな?と聞いて わざわざ駐車場で荷物ほどいて、なんとマーチャンダイズ即売会が始まりましたよ。 

Donは、ファンが購入したTシャツをひったくって、 「ThunderSteal("盗む"とsteelとひっかけてる)」 とかはしゃいでました。日本で言うオヤジギャグでしょうか。 会場にいきなりキャンセルされて、がっくりしていたメンバーの中で、 Donが一番はしゃいでたと思います。 参考までに、VAは緯度で言うとだいたい仙台くらいです。夜はとりわけ寒いです。 

実は、旦那(非メタル)に「私はTシャツBabyDollサイズがなければ買わなくていいよ」 と言ってたのですが、目を放した隙に*自分用*に買っていました。
添付した感じのと、あともう一種、Immotal Soulのジャケプリントのがありました。 ともあれ、MikeとBobby両人とも「日本には絶対行く!」 と言ってました、とお伝えします。
日本にいらっしゃる方々が全くうらやましい。 あと、お伝えしたいのは、アメリカのファンが平日だというのに キャンセルになった会場前ににそれでもわらわら集まってきたのが、 すごいなあと思いました。
Texas生まれだという、Fire Down Under筋金入りの壮年の男性から、 North Carolinaから車で5時間走ってきたと言う20歳くらいの女の子、 地元民の二十代の男性は「最近80sメタルにはまりだして、新譜よかったんで見に来た。」
そうで、 West Virginiaから来たドラマーだという30代の男性とか、 集まったファンで日本人は私一人だけでして、 つまり新譜アメリカでウケているんだなーと思った次第です。 

だからMarkも寝てる場合じゃないし、アメリカでツアー大成功できるチャンスなので きっとMarkもうすぐ起きるんだと信じています。 

ここまで長い怪しい日本語にお付き合いくださって、ありがとうございました!




2012 の記録。亡くなる前

2012年にRiotの創始者Mark Realeがなくなりました。
私はその頃米国に住んでいた一ファンで、2001年からVirgniaで、結婚後2003年から2015年まで、Marylandで旦那と暮らしていました。
最後に挨拶しないとと考え、私はお葬式に行きました。直行便で4時間。Marylandからは日本からよりも比較的近いです。
私の知る限り、お葬式に来ていた日本人は、公の場所でレポートを発行されていた長年のファンの方、と、私のみです。

ずいぶんたってから、当時の一ファンである私からみた状況を、流れてしまうSNSではないところに残したほうがよいと判断しました。
なので、ひっそりここに当時私が昔お世話になったファンの方に送っていたメールをあげておきます。
タイムスタンプは当時にしておきますので、あまり目につかないと思いますが。

送信メールや当時のポストは残っていたものをそのままコピペしました。
ご迷惑になるといけないので、個人情報や現在もひきつづき活躍している方々の名前は割愛します。
――――――――――――――――――
(私より) xx さん

Mark状態は私もよく分かりません。
絶対よくなる!とネットや公共の場では呪文のように唱えていますが、
正直それは悪いほう悪いほうへ行きそうな考えから自分を引き離すためでもあります。
旦那には、Markがいなければ私は今英語話してないだろうし、米国に住もうなんて思わなかったよ、と話してます。
その旦那もライブに明日同行します。メタラーではないのでちょっと別の意味で心配です。
――――――――――――――――――

xxさん

ライブは見れませんでした;
うちの直近のライブハウスでのShowを、会場側がキャンセルにしたためです。
それでもバンド側は、ライブ会場前でファンにサインしたりしてました
△△がやっぱりリーダー不在のサブリーダーみたいになって采配とってるみたいです。

Markは昨日、クモ膜下出血による緊急入院だということを金曜日の朝に知りました。
もしラッキーにも目覚めたとしても、障害が残って、もうたぶんShowには出れないと思います。
むしろ、そうなったら、ライブとかツアーなんて無理しないでほしいです。
でも、車椅子でも何でもいいから、ツアーが成功しているよ、アルバム売れているよ、と知ってほしいので
今はただただ昏睡状態から起きてほしいのです。

私は金曜日は仕事中のキューブでも家でも夕飯作ってもらって食べても、ずっと泣いてて、
今日の朝の私の顔は、人間以外なにか違うものの顔になってしまってました。
しかしそれでも今日はバレエのレッスンには行きました。
繰り返しになりますが、Riotに変えてもらった人生を、だからといっていってストップしたくないのです。

キャンセルになったShowの際のメンバーの様子を詳細をおしえてvと
xxのxxさん(覚えてますか?)にお願いされましたので
Mixiのコミュにあげました。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=67463565&comment_count=1&comm_id=25879

△△は、やっぱり13年ぶりに見る私を覚えてはいませんでしたが、やっぱり優しいいい人です。
英語でべらべら他のメンバーと話している自分が不思議でしたよ。
Markがいたら事情が違ったと思います(笑)。

そんなわけで、*私は距離的には近くてもバンドには近くない* ので
バンドと話す機会はありましたが、Markのことまで詳細まで訊きませんでした。
もちろん死ぬほど知りたいんですが、RiotはMarkの家族ではないし、
最悪の場合は、家族の決定事項にゆだねていると思うんです。家族の合意でプラグを引き抜く、ということもあります。
現実的な話、この医療費のクソ高い米国で、雇用されているわけでもないMarkが集中医療室にいられる日数って、限られていると思いますし。
私もそれでいいと思います。Riotもそうなんでしょう。だからRiotに訊いちゃいけないと思いました。
しかもMark抜きでツアーを敢行しているRiotに無駄にプレッシャーかけたくないとか
他の、あまり事情を知らないアメリカンの前だとか、いろいろな思いがあって、できませんでした。

ねがわくば、日本にいるMarkのファンの気持ちが、サンアントニオに飛んで
びっくりしてMarkが起きますように。

重い話ばかりですみません。
次はもっと楽しい話でメール送れたらいいな、と思ってます。

――――――――――――――――――
xxさん

実は私はこっちで病院のシステムを作るソフトウェアエンジニアの仕事をしているので、
仕事に行くと、Markの現在の状況に関連した単語(昏睡レベルとかSAHとか平均ICU滞在期間とか)
を扱って、計算式を作ったり、その結果の数字を処理したりしてます。
なので、Markの今の状況が、仕事中でも頭の中に付きまとって苦しいです。

本当に米国の医療事情はしっちゃかめっちゃかで、特に今回居住州でないことでさらに混乱要素が加わり、
ご家族の負担はどれほどのものだろうと思います。
こんなことxxさんに泣きついてしまってはいけないのですが、
ICU滞在が長引けば長引くほど、(私はこの単語を見るたびに泣いてしまうのですが)、
「プラグを引き抜く」以外方法がないと、医師と家族が判断する確率が高まります。

もちろん、ご家族が一番近い方々であり、ご家族の意思が一番であるでことには変わりはないのですが、
私が我侭だけで叫ばせてもらえるなら、プラグ抜いちゃ駄目!です。

これは外野の私の我侭です。
でも、他のMarkファンや、Riotメンバーだってそうだろうし、Markのご友人もそう思う方も多いと思います。
で、そう思うRiotファンや、Markの友人達が、協力できるのなら、
協力したいという意思ぐらい、ご家族に伝えてもいいと思うのです。

なので、先日、★★さんに、サイトのフォームから
「Paypalで、Markの医療費の募金をつのることはできますか?」
と聞いてみました先ほど「I will be putting that link up when time comes」と
お返事をいただきました。 お忙しいだろうに、ありがたい事です。

Paypalなら、国際送金の手数料が数十円くらいしか取られませんし、
円なら、円高なので、少しかさが増えます。ユーロも同じことでしょう。
ひとつひとつの募金は小額でも、世界各国から集まれば、何かの足しになるかもしれません。
このことは★さんにもお話しました。

ただし。
ご家族やMarkの宗教的な事情や、また、もしかしたらMark自身がサインした
Living will やProxy こういう単語でも泣いてしまうのですががあったりしたら
私らの募金なんて無意味なことなので、私の提案なんて的外れもいいところです。
ただ、例えそうであっても協力したいと思った、という意思を伝えておかないと後悔すると思いました。

長々と泣きついてすみません。米国医療事情や、それに関する法律の話は
全く縁起でもない話なので、あまり大々的に言えないことです。
xxさんにメールもらって思わずタイプしてしまってます。

一番いいのは今すぐMarkが起きることです。
起き抜けはひどい頭痛と聞きます。それでまた昏睡してしまったりします。
ひどい頭痛と戦うことになるけど、がんばって起きて欲しいです。近いうちに。

〇〇が誕生日なのですね。うちの旦那と一日違いです。
そういえば、うちの旦那の性格は〇〇っぽい感じかもしれません。
この数日、私が泣いてばかりなので、すっかり家事をやってもらってました。頭が上がりません。
新譜気に入ったらしくて家の中で歌ってますが、旦那はひどい音痴です。

私も、折角Riotに変えてもらった人生なので、泣いてばっかりではなく、ちゃんと生きたいと思います。

----
下記は当時のツイートです








Dogs