Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2012

Anthony Reale氏にDonationをお願いします

m(_ _)m (元記事はMixiのコミュニティにポストしたもの)
--------------------------

Mark Realeオフィシャルサイトに、Markのお葬式と、Markの父親であるAnthony Reale氏への寄付の詳細がアップデートされました。


(直訳でなく、若干補足入れてあります) http://www.markreale.com/ 上記オフィシャルサイトのニュース欄最新記事より、Markのお父様であるAnthony Reale氏に寄付を送れるボタンが出てきます。

「Donation」ボタンをクリックすると、paypalのアカウントで支払うか(画面右側)、クレジットカードで支払うか(画面左)を選択できます。クレジットカードさえあれば、新たにpaypalのアカウントを作成する必要はありません。

(既存paypalユーザーはもちろんpaypalアカウント使用可能です) 自分が寄付したい金額を入力して、クレジットカードの情報を入力すれば、あなたの寄付がそのままMarkのお父様の口座に届きます。アメリカは日本と違い国民保険がない為、医療費がとんでもなく高いです。(盲腸で250~300万円だとか…ずっとこん睡状態で入院していた事を考えると大変な高額負担だと推察されます。。)

実の息子を亡くされたばかりなのに、病院の高額な医療費の請求はすべてMarkのお父様の負担となってしまいます。 お花を送るかわりに、お父様に寄付をお願いします。

皆様のご協力、よろしくお願いします。

下記お葬式の詳細

・Viewing(お通夜) 2012年1月31日6:00~8:00pm Porter Loring Mortuary North http://www.porterloring.com/?page=locations

・MASS (ミサ) 2012年2月1日 12:00~ St. Mark the Evangelist Catholic Church http://www.stmarkevangelist.com/contact-us/map.aspx

ミサに続く埋葬は下記の墓地にて行われます。 Holy Cross Cemetery http://local.yahoo.com/info-19298560-holy-cross-cemetery-san-ant…

2012の送信メールの記録 亡くなった後

なくなった後のツイートです。


Riverwalk, san antonio. #fbhttp://t.co/UHgyDtZj — Fujisaki Kickno (@kickno) January 31, 2012

Back to hotel. SA is cool place in Tx. I'm having toast, to the most respested musician, peacefully sleeping now .#fbhttp://t.co/lAI8v8Ko — Fujisaki Kickno (@kickno) February 1, 2012

Done. I broke my promise and cried so hard then left glasses at hotel (retrieved, though) Back to my life. #fb. — Fujisaki Kickno (@kickno) February 1, 2012


Mixiの日記はもう見れませんが、当時ロードスタッフをされていた方に、
Markはカソリックで、カソリックの魂は、体がなくなっても神様のところに行くから、今はすごく安らかなんだよ。
だから泣いちゃダメだよ、というお話しをききました。ということを日記に書いていました。

ご本人は長い闘病を隠すためか、重い化粧が施されていました。
それでも若いころに追っかけてた姿の上にお棺の蓋がのっかってしまう瞬間が一番つらくて、
大泣きで崩れてしまったところを、過去バッキングボーカルをやっていた女性に転ばないよう支えてもらいました。

お墓は自然の鳥の声が良く響くところにあり、ずっと流している彼のギターの音と重なって、
とても美しい埋葬式だったことを覚えています。

―――以下、以前お世話になった方々への送信メールの記録です。

xxさん

雪お気をつけて。お優しいお言葉ありがとうございます。つい先日、○○さんとも連絡が取れました。
音楽は永遠ですよね。私はいままでショパン弾くたびにそう思ってました。Markはショパンみたくなったんだと思います。
全世界のギターキッズがMarkの音を引き継ぎますように。 xxさんもご自愛してお過ごしください。

――――――――――――――――――
xxさん
(前置きに個人…

ツアーの様子+α (元記事はMixiのコミュニティにポストしたもの)

ライブの様子がUpされてます。
http://www.youtube.com/watch?v=2j-Qbr0I5oI http://www.youtube.com/watch?v=gzGZwCPqmaI
----------------------------
ここから下は、おまけです。 私は米国に移住してからRiot(というか殆どのメタル)が見れてないので 13年ぶりに見れるRiotが、しかもVAに来ることに有頂天になり、 NYに行くアレンジメントをしてなかったので、でVAがキャンセルになったので結局見れませんでした。 次回は、最初から疑ってかかって綿密に計画しようと思います。 そのVAでの、レポでも何もないのですが、 メンバーの様子を是非、とリクエストがあったのでポストします。 日常であまり日本語使ってなくて退化しているので、読みにくかったらすみません。
 ---------------------------
17時半ぐらい?に会場横のシシカバブのお店で食事してます。 とFacebookのRiotページでMikeからReplyもらってたのですが、 旦那の携帯も私の携帯も受信状態が悪く、 会場に着いた6時半ぐらい?にはよく状況が分からず、 会場の外には誰もいない状態でした。 なので、旦那もわたしも会場外に立ち尽くす羽目に。 

うろうろしているうちに、シシカバブ料理店の玄関の窓のむこうに Mike発見したので、声をかけると、 顔色変えて「まさか日本から来たんじゃないよね?」 というので(私が94年の来日ツアーシャツ着てたので)、 いやいやMarylandに住んでますと言うとちょっと安心。 

そうこうしてると、他のファンもわらわら集まってきて、 シシカバブのレジ前が人だかりになったので 外に出ましょう、ということになりました。 キャンセルになった会場前の駐車場で、Riotは親切にも寒い中、 ファンとお話したりサインしたりしてくれました。

 で、Tonyがスタッフさんに機材車開けられる?みんなTシャツ欲しくないかな?と聞いて わざわざ駐車場で荷物ほどいて、なんとマーチャンダイズ即売会が始まりましたよ。 

Donは、ファンが購入したTシャツをひったくって、 「ThunderSteal("盗む"とsteelとひっかけてる)」 とかはしゃい…

2012 の記録。亡くなる前

2012年にRiotの創始者Mark Realeがなくなりました。
私はその頃米国に住んでいた一ファンで、2001年からVirgniaで、結婚後2003年から2015年まで、Marylandで旦那と暮らしていました。
最後に挨拶しないとと考え、私はお葬式に行きました。直行便で4時間。Marylandからは日本からよりも比較的近いです。
私の知る限り、お葬式に来ていた日本人は、公の場所でレポートを発行されていた長年のファンの方、と、私のみです。

ずいぶんたってから、当時の一ファンである私からみた状況を、流れてしまうSNSではないところに残したほうがよいと判断しました。
なので、ひっそりここに当時私が昔お世話になったファンの方に送っていたメールをあげておきます。
タイムスタンプは当時にしておきますので、あまり目につかないと思いますが。

送信メールや当時のポストは残っていたものをそのままコピペしました。
ご迷惑になるといけないので、個人情報や現在もひきつづき活躍している方々の名前は割愛します。
――――――――――――――――――
(私より) xx さん

Mark状態は私もよく分かりません。
絶対よくなる!とネットや公共の場では呪文のように唱えていますが、
正直それは悪いほう悪いほうへ行きそうな考えから自分を引き離すためでもあります。
旦那には、Markがいなければ私は今英語話してないだろうし、米国に住もうなんて思わなかったよ、と話してます。
その旦那もライブに明日同行します。メタラーではないのでちょっと別の意味で心配です。
――――――――――――――――――

xxさん

ライブは見れませんでした;
うちの直近のライブハウスでのShowを、会場側がキャンセルにしたためです。
それでもバンド側は、ライブ会場前でファンにサインしたりしてました
△△がやっぱりリーダー不在のサブリーダーみたいになって采配とってるみたいです。

Markは昨日、クモ膜下出血による緊急入院だということを金曜日の朝に知りました。
もしラッキーにも目覚めたとしても、障害が残って、もうたぶんShowには出れないと思います。
むしろ、そうなったら、ライブとかツアーなんて無理しないでほしいです。
でも、車椅子でも何でもいいから、ツアーが成功しているよ、アルバム売れているよ、と知ってほしいので
今はただただ昏睡状…