Skip to main content

ゴーレム1


この話はグロいです。残念ながら、これも、半分以上ノンフィクション。
しかし語り手の「俺」は捏造キャラです。
それ以外は実在する人とそうでない人が混在しています。
元となった事件のWashington Postはこちら
-----------------------------

「カーラ、出所したってよ」

カウンター席についたとたん、そんな声が飛んできた。
不吉な音楽が大音量で流れるクラブの端のカウンター。
轟音のために、聞き違えたかと思ったので、

「え?何?」

と、聞き返した。

ダーク・ゴスが大音量で流れるこのダンスイベント「アルケミー」の名物(で、ゲイ)のバーテン、クリスは冷蔵庫に両腕をついて、バーに寄りかかるようにして、俺の耳元ではっきりと言った。
いつものテラテラのリップグロスが、至近距離に近づくとちょっとぞくっとする。
防衛本能かもしれない。

「カーラがもう出所したって言ったんだよ。」

まだRail Drinkを二口しか飲んでいないにもかかわらず、
俺は少し眩暈がした気がしてカウンター席にへたりと座り込んだ。

-----------------------------

カーラは、2年ほど前、当時付き合っていたネイサンを自宅で射殺した。

俺は、その頃その1.カーラと、2.ネイサン、そして3.当時俺が付き合っていた女
と、合計4人でハウスシェアをしてバージニア州のフェアファックスに一緒に住んでいた。

自己防衛と心神喪失を主張して、3年半の懲役が下っていたはずだ。

まだ二年しか経ってない。
早いだろ。
-----------------------------

第一発見者、というか、カーラの「私がネイサンを殺した」という申告を聞いて、
警察に電話したのは俺だ。
鮮血を浴びた、呆然と立ち尽くす全裸のカーラに
バスタオルをかけたのも、俺だった。

不思議と、冷静に頭は回ってて、
警察が来るまで血を拭いたり、シャワーを浴びせたりしたらいけないんだろうな
ということを考えていた。

真っ赤に染まったベッドに横たわる、これまた全裸の友人は、
しかし全く友人の顔をしていなかった。
半分以上顔が吹っ飛んでいたから。

何かひどく、非現実的な世界を歩いている気がして、
自分を現実につないでおきたくて、こうしなきゃ、ああしなきゃ、と
俺は妙にテキパキと行動していた。

だから、警察を待つ間に帰ってきてしまった俺の彼女にも
「二階に来るな!」と怒鳴りつけた。
彼女は、火薬の混ざった、生臭い臭いから、何かを察したようで、
コートも脱がずに一階に留まっていた。

警察はその後数分もせずに来た。
玄関先で、「二階です。二階に行ってください。カーラも上にいます。」
と伝えたとたん、情けなくも足腰の力が抜けて、その場にへたり込んでしまった。

たてつづいて大雪が降った年だったので、
出入りする警察のブーツについた雪と泥で
玄関先の床はぐしょ濡れだった。

へたりこんだ俺のジーンズも濡れたので
「俺、失禁したように見えるかな・・・?」
と、くだらないことを彼女に言った。
彼女は真っ青になって震えてたちすくんでいたが、それを聞いて抱きついてきた。
彼女のタイツもびしょ濡れになった。

Popular posts from this blog

甲斐駒(黒戸尾根)要再チャレンジ!

冬はともかく、雪解けしてからも仕事が忙しくて山に行けず、ちょっと土曜日に行った辻山も、雪が未だ深く途中で下山。5月は老母と旦那と犬を連れての奥穂高の温泉に行ったけど、私がツアコン役だったので気が休まらなかった。 6月に笠取山に犬と旦那を連れて行こうとして、新しくキャンプ用のザックまで買ったのに、天候不良になりそうで中止。 私が好きで行く私の為の山登りが、今年全くできていない!!と、正直キレた。 キレた勢いで、甲斐駒を計画してしまいました。前から「刀利天狗」とか「摩利支天」とか、中二病スポットにあこがれていたのです。 なので、上記スポットを通る黒戸尾根コースで計画しました。 正直言って、スキル不足でした、と後から思いました。まあこれは後で。 前日~当日登山口 会社の飲み会でいつもよりも遅くなった上に、旦那もなにやらコミュニティイベントがあったとかで、遅くに帰ってきてから犬の散歩。そのあとでパッキング最終仕上げ。うーん睡眠不足。特急電車で寝れるからいいか。 当日朝は、4時に起きて犬の散歩→早朝電車で新宿へ 小淵沢で下車して、予約していた Mountain Taxi で尾白渓谷駐車場へ 去年の北岳 も、北アの時も、だいたい早朝出発なんだったんだけど、今回は公共交通機関を使ったので、9時出発です。 ここで、YAMAPの甲斐駒地図をダウンロードしていないことが発覚。くっそー。昨日の私を呪う!! ~笹の平分岐 蝉の声がカナカナカナ…と降ってくる中、深い緑の間を一人で登っていきます。今回、のぼりでは全く周りの登山者を見かけませんでした。 蛙さんこんにちわ。 しかしなー。登りがしょっぱなからつらい。結構頻繁に立ち止まってしまう。コロナで2年半ぐらい家から仕事してて通勤がなく、まあ、ほぼ毎日犬と走っているけど、全身運動は特にしていないので、体力が落ちていることをしみじみ感じました。 やっと笹の平分岐!で、前日コンビニで買った、滅多に買わない高カロリーの菓子パンを食べます。写真にとれなかったけど、子サルがいました。  ここで、周りにほんとに登山者がいないので、熊鈴をストックにつけ替え、ウルさめに設定しなおしました。 笹の平分岐の後に粥餅石。 遠くからでも目を引く、倒木の上のキノコ。 こういうのが、森の中の見間違いになるんだろうなあ。 この山は、山岳信仰、特に剣術を学ぶ方々が信仰している

北岳

I started to consider climbing up a mountain in south Alps in Japan, right after I climbed Mt. Yari in 2018 . I could not accumplish that in 2019, due to my broken bone in my left arm. In 2020, the whole South Alps was closed due to Covid-19. This was the long-awaited chance to climb up Mt. Kita. 2018年、 北ア槍ヶ岳を登った 後、南アにも行きたくなった。2019年は骨折で断念。2020年はコロナで断念。今年こそは!と南ア北岳にお邪魔しました。 芦安駐車場  (Ashiyasu Parking lot) In the previous day of the climbing day, I drove to parking lot in Ashiyasu . Driving to this parking lot was scary because it is a drive alone in the narrow and dark mountain path. However, in the parking lot, there were many climbers already parking there in 10:30 pm. A morter cyclinst was even sleeping on the ground with sleeping bag. Oh, that looks cold. I wrapped into a blanket, slept while listening a ukrere sound, strum, strum, and strum.  前日10:30pm頃、 芦安駐車場 に着く。芦安に行くまでの道は暗くて狭くてかなり怖い。 しかし芦安第二駐車場に着いたら、多くの車が同じことやっていて安心した

発端状山@沼津 元ラブホに老母と宿泊w

  沼津の内浦湾に続く伊豆長岡三津線にぽつんとある ペットフレンドリーなホテルに年末年始泊まりました。 伊豆富士パノラマパーク でお昼。 老母がいるので、あまり歩き回らず、すぐにチェックインします。 ホテル自体はかび臭いし、ドアの横にはブレーカー機材がいちいちある。 ベッド周りの元ラブホっぽい機材が笑えます。 ホテルの周りには 廃トンネル と、 取り壊し中の廃ラブホ(旧:ホテル三津アイネ)があり、 新年からオカルトになりました。 大晦日はRIZINを見て、朝は初日の出を見ようと、発端状山に少し登りました。 しかし、意外とガッツリ登るコースでした。 全く登山の用意をしていなかったので 途中でひきかえしました。   途中でも、なかなかきれいな早朝の富士山は見れました。 そしてその後ろは、南アかな? 帰り道の、箱根ターンパイクからの富士山。 今年も安全登山でよろしくお願いします。