Skip to main content

11年前


光陰矢のごとし。 

Mixiで書いたことなかった、と思うし、☆サイトでもうだうだ言わなかったし、 
そういや、あの頃メアド持ってた友達にぐらいにしか状況を伝えてなかったと思うし、 
新しくお友達になってくれた方々もいるので、おさらいしてみます。 

当時、Pentagonの近所に住んでて、Crystal Cityから 
West Falls Church行きのバスで通勤してました。ばっちりPentagonの横通って。 

そのころネットワークエンジニアとしての国際インターンとして働いてた。 
会社がネット上で商売することの重要性があがりつつも、 
全ての小企業がITスタッフ雇えるわけではない時期だったので、 
そういうところにビザ不安定な国際インターンの需要があったんだよね。 
当時タダだったRedHatで鯖たてたり、ホームページ作ったりしてた。ワインの輸入業者でした。 

で、その日は普通に出勤してみたら、オフィスのテレビの前で 
普段は倉庫で搬入とかやってるメキシカンたちが大騒ぎしている。 
よく分からないけどNYが攻撃されている、ということはメキシカンから教わって、 
うわ、と思った。数ヶ月前にNYに行ってたし私。 

で、見てるとビルが倒れる→今度はPentagonもやられたとくる→ 
まだまだ他にも飛んでてDCにも来るらしい→他州に何機か落ちた→ 
フィラデルフィアも攻撃された→DCは狙われているので全住人退去命令→ 
なんか全州攻撃されるらしい。 

などと、まあ今から思えば誤報と正しい情報ごっちゃまぜでTVもラジオも流してた。 
確かにヘリはFalls Churchまでがんがん飛んでくる。軍事用ヘリって違う音するんだよね。 

外国人はとりあえず外に出るなと言われた。やむを得ずに出るときは身分証を必ず携帯しろと。 
家に帰るのにPentagon通らないといけないんですが;と言う話を雇用者にすると、 
West Falls Churchの駅の方に行く人が、駅まで送ってあげるというので、 
メトロを使って帰りました。 

いやいや、メトロだってPentagon通るんだよ。あんだけ多くの軍人の通勤があるところだもの。 
2ラインが合流して停車する大きな駅だよ。 
勿論その日はPentagonは通過。メトロは地下鉄なので、上から崩れた建物落ちてきたらどうするんだよ;と思ったけど。 
地上の交通はシャットダウンしても、人の輸送のためにメトロは動いてたんだね。まあ軍事施設の地下は堅牢なんだろうし、上空の脅威はあっても、地下は大丈夫と言う判断なのでしょう。 

アパート最寄駅降りたら、凄い変なにおいがして怖かった。 

アパートに着いたら、当時のルームメイトのおばちゃんも帰ってきてて、お互い無事を確認。で、私に絶対外出るなと言いのこして、すぐにPentagon負傷者のための献血しに出て行きました。 

ダイヤルアップのネットはつながったので、心配してメールくれた人たちに返信。実家に電話するも、国際電話は数日後まで暫く繋がらなかった。 

NYに行った同じインターンプログラムの友達等々の安全も確認。 
当時、私はDCのゴスなクラブに通ってて、そっちで当時新しくできた友達も安全確認。 
ただし、軍人の友人は同僚をなくしたりしてた。 

そんなわけで、日本人米国人含め私の周りでは被害はなかったのですが、 
その後の米国セキュリティがばかばかしいほどに変化したり、 
何よりもPentagonの側面に大穴開いてるのを見ながらその後数ヶ月過ごしたり、 
やっぱり私の人生の中での一大事のひとつでした。 

あまり関係ないけど、この日2chを見たら、ビルから飛び降りる米国人を馬鹿にする 
AAばかりだったので、それ以来2chに行ってません。 
あそこは殊に○×人以前に、人間なんだという感覚が苦手な文化だよね。 
自分たちが人間以前に日本人だから、という扱いを受けているからなのかな? 
今でもそういう感想をもつわ。 

11年って本当に早いね。あそこから個人的には多少前進したと思うけど、 
さてアメリカ自体はどうだったろう?と考えること多し。 

911より、あの後の8年のバカ大統領が痛かったよね;; 
そう思うので、同じ鉄を踏むことないよう、 
小さなところからニジニジしていきたいと思ってます。折角アメリカで生きてんだしね。 

Popular posts from this blog

Asahina Path, with family (husband, black dog and white dog)

This was the training walk and car ride for our new puppy who still suffers motion sickness in the car. Due to the damage from the typhoon in September 2019, the path was filled with fallen trees. We could managed to reach Kumano shrine, but we would recommend all visitors to wear hiking shoes. The puppy enjoyed the path, though.  waiting for young brother...

3 hours: short hiking for my senior sister dog: San-No-To (三の塔、犬のため)

Summary: Hi, people. Please keep a leash on your dog. That's the way in Japan now. My long time running pal, Tomoe the Kishu dog has been depressed for a while, and has been stressed out, because of the introduction of this puppy to our household. To make her feel better, I decided to have a short hiking trip of only 3 hours solely  for her. Not with the Kishu & Kai mix boy puppy above, since he is too young, and vaccination to prepare for mountain hike has not completed yet. We arrived Yabitsu peak parking lot at 7:00 AM. I could not take photos, but on the way driving up there, the morning sunshine shed between trees is so beautiful and breathtaking.  I thought we should have come over an hour earlier, so that we can see the sunrise in the course instead. The most popular course in Tanzawa "Omote ridge line" is still covered with snow, so crampons are absolutely needed. Yabitsu Peak From the San-no-tou The public bathrooms in the beg