Skip to main content

11年前


光陰矢のごとし。 

Mixiで書いたことなかった、と思うし、☆サイトでもうだうだ言わなかったし、 
そういや、あの頃メアド持ってた友達にぐらいにしか状況を伝えてなかったと思うし、 
新しくお友達になってくれた方々もいるので、おさらいしてみます。 

当時、Pentagonの近所に住んでて、Crystal Cityから 
West Falls Church行きのバスで通勤してました。ばっちりPentagonの横通って。 

そのころネットワークエンジニアとしての国際インターンとして働いてた。 
会社がネット上で商売することの重要性があがりつつも、 
全ての小企業がITスタッフ雇えるわけではない時期だったので、 
そういうところにビザ不安定な国際インターンの需要があったんだよね。 
当時タダだったRedHatで鯖たてたり、ホームページ作ったりしてた。ワインの輸入業者でした。 

で、その日は普通に出勤してみたら、オフィスのテレビの前で 
普段は倉庫で搬入とかやってるメキシカンたちが大騒ぎしている。 
よく分からないけどNYが攻撃されている、ということはメキシカンから教わって、 
うわ、と思った。数ヶ月前にNYに行ってたし私。 

で、見てるとビルが倒れる→今度はPentagonもやられたとくる→ 
まだまだ他にも飛んでてDCにも来るらしい→他州に何機か落ちた→ 
フィラデルフィアも攻撃された→DCは狙われているので全住人退去命令→ 
なんか全州攻撃されるらしい。 

などと、まあ今から思えば誤報と正しい情報ごっちゃまぜでTVもラジオも流してた。 
確かにヘリはFalls Churchまでがんがん飛んでくる。軍事用ヘリって違う音するんだよね。 

外国人はとりあえず外に出るなと言われた。やむを得ずに出るときは身分証を必ず携帯しろと。 
家に帰るのにPentagon通らないといけないんですが;と言う話を雇用者にすると、 
West Falls Churchの駅の方に行く人が、駅まで送ってあげるというので、 
メトロを使って帰りました。 

いやいや、メトロだってPentagon通るんだよ。あんだけ多くの軍人の通勤があるところだもの。 
2ラインが合流して停車する大きな駅だよ。 
勿論その日はPentagonは通過。メトロは地下鉄なので、上から崩れた建物落ちてきたらどうするんだよ;と思ったけど。 
地上の交通はシャットダウンしても、人の輸送のためにメトロは動いてたんだね。まあ軍事施設の地下は堅牢なんだろうし、上空の脅威はあっても、地下は大丈夫と言う判断なのでしょう。 

アパート最寄駅降りたら、凄い変なにおいがして怖かった。 

アパートに着いたら、当時のルームメイトのおばちゃんも帰ってきてて、お互い無事を確認。で、私に絶対外出るなと言いのこして、すぐにPentagon負傷者のための献血しに出て行きました。 

ダイヤルアップのネットはつながったので、心配してメールくれた人たちに返信。実家に電話するも、国際電話は数日後まで暫く繋がらなかった。 

NYに行った同じインターンプログラムの友達等々の安全も確認。 
当時、私はDCのゴスなクラブに通ってて、そっちで当時新しくできた友達も安全確認。 
ただし、軍人の友人は同僚をなくしたりしてた。 

そんなわけで、日本人米国人含め私の周りでは被害はなかったのですが、 
その後の米国セキュリティがばかばかしいほどに変化したり、 
何よりもPentagonの側面に大穴開いてるのを見ながらその後数ヶ月過ごしたり、 
やっぱり私の人生の中での一大事のひとつでした。 

あまり関係ないけど、この日2chを見たら、ビルから飛び降りる米国人を馬鹿にする 
AAばかりだったので、それ以来2chに行ってません。 
あそこは殊に○×人以前に、人間なんだという感覚が苦手な文化だよね。 
自分たちが人間以前に日本人だから、という扱いを受けているからなのかな? 
今でもそういう感想をもつわ。 

11年って本当に早いね。あそこから個人的には多少前進したと思うけど、 
さてアメリカ自体はどうだったろう?と考えること多し。 

911より、あの後の8年のバカ大統領が痛かったよね;; 
そう思うので、同じ鉄を踏むことないよう、 
小さなところからニジニジしていきたいと思ってます。折角アメリカで生きてんだしね。 

Popular posts from this blog

発端状山@沼津 元ラブホに老母と宿泊w

  沼津の内浦湾に続く伊豆長岡三津線にぽつんとある ペットフレンドリーなホテルに年末年始泊まりました。 伊豆富士パノラマパーク でお昼。 老母がいるので、あまり歩き回らず、すぐにチェックインします。 ホテル自体はかび臭いし、ドアの横にはブレーカー機材がいちいちある。 ベッド周りの元ラブホっぽい機材が笑えます。 ホテルの周りには 廃トンネル と、 取り壊し中の廃ラブホ(旧:ホテル三津アイネ)があり、 新年からオカルトになりました。 大晦日はRIZINを見て、朝は初日の出を見ようと、発端状山に少し登りました。 しかし、意外とガッツリ登るコースでした。 全く登山の用意をしていなかったので 途中でひきかえしました。   途中でも、なかなかきれいな早朝の富士山は見れました。 そしてその後ろは、南アかな? 帰り道の、箱根ターンパイクからの富士山。 今年も安全登山でよろしくお願いします。

北岳

I started to consider climbing up a mountain in south Alps in Japan, right after I climbed Mt. Yari in 2018 . I could not accumplish that in 2019, due to my broken bone in my left arm. In 2020, the whole South Alps was closed due to Covid-19. This was the long-awaited chance to climb up Mt. Kita. 2018年、 北ア槍ヶ岳を登った 後、南アにも行きたくなった。2019年は骨折で断念。2020年はコロナで断念。今年こそは!と南ア北岳にお邪魔しました。 芦安駐車場  (Ashiyasu Parking lot) In the previous day of the climbing day, I drove to parking lot in Ashiyasu . Driving to this parking lot was scary because it is a drive alone in the narrow and dark mountain path. However, in the parking lot, there were many climbers already parking there in 10:30 pm. A morter cyclinst was even sleeping on the ground with sleeping bag. Oh, that looks cold. I wrapped into a blanket, slept while listening a ukrere sound, strum, strum, and strum.  前日10:30pm頃、 芦安駐車場 に着く。芦安に行くまでの道は暗くて狭くてかなり怖い。 しかし芦安第二駐車場に着いたら、多くの車が同じことやっていて安心した

来年の山予定

1月 蛭が岳(八丁坂コース) 2月 奥多摩~大山~武蔵五日市  3月 笠取山 (テン泊)  4月 川苔山(奥多摩)  5月 鳳凰三山  6月 瑞牆山  7月 奥穂高  8月 どこも混むのでお休み  9月 甲斐駒  10月 農鳥~間ノ岳  11月 塔の岳かな  12月 鷹ノ巣山(奥多摩)