ゴーレム2

事件直後は、俺はカーラに同情的だった。 警察に、その昼、彼らが痴話喧嘩していたこと、と
カーラとの痴話喧嘩の後、俺が誘ってネイサンと一緒に昼間から少し飲んだということを
他人事のように伝える。 何を飲んだかとか、帰ってきた時間、パブの名前、などを話しながら、 カーラだって被害者だよな、と考えていた。 カーラは、ネイサンにしては長続きしている女だったと思う。 しかし、ネイサンと付き合いだす前は、DCゴス音楽好きの「シーン」では見かけなかった。 まあ、俺がきづかなっただけかもしれないけど。 しかしネイサンにひきずりこまれた「ノン・フリーク」だった可能性もある。

DCゴス音楽シーンには、アバンギャルドでヘヴィな音楽好きが集まる
「DCフリークス」というオンラインの掲示板があった。 その名前から、よく顔を出すメンバーや自らを「フリークス」と呼んでいた。
シーンの間口の広さから、音楽好きのみならず、ゲイ、BDSM好き、コンピューターマニア、当時ファンサブすらなかった日本のアニメが好きなもの、はたまたオカルトマニアまで、まあ要するに普通のアメリカンではない人が、それぞれの違いを楽しむ趣向で集まっていた。

だから、正直、普通のアメリカン・・・リアリティ・ショウやスポーツなどを楽しみ オートミール・クッキーにかぶりつき、陽だまりに生きるアメリカンの女には、 ネイサンと付き合うのはキツいんじゃないかな、と思っていた。 ネイサンは、ワインを中心とした小さいレストランを経営するシェフだが、 そのの傍ら、音楽イベントを開催したり、そのベンダーのマーケティングをする、 「シーン」のリーダー的存在だった。 ネイサンが扱うベンダーは、大概、髑髏のアクセサリーだの、攻撃的なメッセージTシャツだのを売る個人ビジネスだった。 そういったものは、まあ一般にも受け入れやすいだろうが、中には売る場所を選ばなければいけないベンダーもあった。 たとえば、拘束具だの鞭だの○×具だの、特殊な市場向けのベンダーだ。 ネイサンは、よくそういったアイテムをサンプルとして持って帰ってきた。 勿論、俺は奴と寝たことは無いし (ひどい冗談だ!)、突っ込んだプライベートな話もしなかったので、 実際にそういった商品を使用したかどうかは、知らないし、知りたくもない。 が、廊下を掃除しているとき、半開きドアの外から見えたベッドルームには、 ネイサンの筋トレ用、だと思いたい・・・ような、 大仰で特殊な器具か家具か、がチラりと見えた、ことはあった。 要するに、間違っても陽だまりに住んでいる奴ではなかった。 DCの裏のカルチャーに通じ、むしろ夜に生きる奴だった。 ネイサンが好んで使ったシーン・ネーム「ダーク」が、それを表している。 もし、カーラが何も知らずにネイサンと付き合いだして、 ネイサン色に染め上げられていったのだとしたら・・・? 人によっては「素質がない人は、惹かれない」とは言うが、 素質があるかどうかなんて、自分自身にも分からないことの方が多い。 なにか無理に自分をだまして、ネイサンに合わせていたのだとしたら、 それは身体的にも精神的にも、相当な負担なのじゃないかと思う。 次の日、警察がカーラの供述書のファイルを持ってきて、 不自然な所があったら指摘するよう指示してきた。 それを読んでも、まあそんなところだろうな、と思った。 ネイサンは、コトの真っ最中にセミオートのライフルの銃口を自分に向け ベッドの上のカーラにトリガーを持たせた。 「俺が憎いか?憎いなら殺してみろ!」 と、言って銃口を咥えこんだそうだ。 カーラは拒否したが、ネイサンに平手打ちをくらい、 その勢いでトリガーをひいてしまったそうだ。 ネイサンは気が狂っていたのかもしれない。 そう思って、駆けつけたネイサンの家族と葬式の準備している間も 俺は少しカーラに同情していた。 していた・・・んだが。

Dogs