Posts

Showing posts from 2022

那須で犬キャンプ

Image
このところソロ泊が続いていて、このままでは家族を顧みない非道者になってしまいます。  そんなことはないぞとと、文化の日の祝日、家族旅行に行ってきました。 今回は山は登りません。山靴修理に出しているしね。 殺生岩 硫黄の匂いと、九尾のキツネの伝説があるところです。祝日だったので結構人が多かったです。大きな岩にしめ縄が回されています。地形的には硫黄ガスが噴き出している所です。 危険なので歩道以外は歩かないように整備されています。 那須どうぶつ公園 犬を連れては入れる動物園です。しかし、犬が自由に歩けるところは、20分ほど歩いたファームエリアのみです。運動靴を履いてきてよかった。 ファームエリアにはアルパカや羊がいます。巴もあいすも大興奮です。 大麻博物館 丸山ゴンザレスさんのYoutube 見てから、行きたかったんですよね。 日本もいつまでも時代錯誤な法律を放置せずに、気候に合った昔の麻産業が 復活すればよいなと思います。HempのTシャツ大好き。 アカルパ (犬キャンプサイト) アカルパには2度目の宿泊です。しっかりした柵で囲まれたドッグランがあり、その中にテントを張ります。カーキャンピングなので、大抵は周りは大きなテントを張っているのですが、うちはずっとこのような2‐3人用の山岳テントです。 この中に中型犬2匹と人間2人、ちゃんと寝れます。 今回は、非常用ツェルト建てを練習しました。山登り用ストックを利用して建てます。      出来ました。 しかし非常時になるような強風とか悪天候時に、ぱぱっと建てられるかというと微妙。 前回来た時より、リニューアルされていて、トイレがキレイ。 紅葉がちょうどきれいな時期。 夜はパエリアを旦那が作っていました。 愛洲は人の食べ物を盗もうと虎視眈々。 さくらの湯 帰りに温泉に寄りました。もっと大きな温泉施設がなすにはあるのですが、祝日連休を取っている人が多い日だったので、なるべく小さな個人経営の所を選びました。 古いですが、露天ぶろ付きの良い風呂をいただきました。 パン香房ベル・フルール 以前、会社の方から那須に行ったらココ!と違うパン屋さんを教えてもらったのですが、 間違ってこちらに来てしまいました。 それでも、観光地クオリティのパン、おいしかった。甘くなくて、塩加減がちょうどいい。

まいヘルメット

Image
 日本の3000m越えの高山は、多くが自家用車で近づけない+急峻なため梯子があるため、 犬を連れていけません。 連れていけないため、代わりにうちの子たちをメットに張り付けています。 和犬三昧 さんから購入しました。  こういった折り畳み式のメットは、強さの面で賛否両論ですが、 持ち運びしやすいので、愛用しています。 岩場はメット必須ですよ!

やってしまった話(授業料2,320円+みどりの窓口に並んだ時間)

Image
  先週、怪談会に行った帰り、宿から15分のバス停発、朝9時2分のバスに乗り込んで、前橋駅に乗り込んだ時でした。 私はいつも「えきねっと」で特急券を予約するので、この時点で前橋駅着、高崎駅着のおおよその時間が確定したため、「えきねっと」で検索して上越新幹線「たにがわ」を予約しました。 そのとき、ちょっといつもの操作とは違うな、とは感じていたのですが、前日の登山疲れと寝不足がたたっていたのか、注意散漫でした。 「エアトリ」というサービス に、「えきねっと」からリダイレクトされていて、 手数料980円とられていること その日ではなく、11月2日のチケットを取らされていること キャンセル不可と書かれていること に気づかなかったです。 すぐにメールで、発券前にキャンセルのお願いをしましたが、日曜日なので電話も通じず、この 「エアトリ」というサービスに全く連絡が取れない。 まんま発券されてしまいました。 まあ 私の不注意 も悪かったのですが。 そして送付されてきたのは、11月2日の前日で、すぐにみどりの窓口に持っていきましたが、 キャンセル手数料1340円とられましたよ。発券手数料と合わせると2,320円なり。トホホ。 繰り返しになりますが、 私の不注意も悪い。 なので、二度とやらないように、戒めのためここにOutputします。 どこかのサービスを使っていて、しれっと「エアトリ」にリダイレクトされたら そこで |S T O P| ブラウザバック。します。

赤城ソロ(黒檜山~駒ヶ岳)@初レンタカー-> 一泊怪談会

Image
  前回の山登りから2週間しかたってませんが、宿泊者向けの怪談会を企画が群馬であったため、 数年前天候によりあきらめた赤城山(黒檜山) のリベンジをぶつけました。 レンタカー屋が開く8時に前橋に着くべく、朝4時に起きて犬を散歩→始発電車に乗り、北陸新幹線「はくたか」で高崎経由で前橋へ 両毛線でてくてく レンタカーで軽車を一人で半日借りれたもん!は、だいたい保険込み6千円です。 バスを使えば 片道1,500円なので、安上がりなのはわかっているのですが、 1.登山の気持ちにバス時刻表の束縛で横やりを受けたくない 2.登山に必要な荷物以外は車に置いておきたい という理由で、レンタカーを選びました。仲間がいたらコスパのほうも解決しそう。 黒檜山登山口~赤城山 赤城への登山口はいくつかあり、赤城山の大沼川の黒檜山登山口からのルートは直登で、つまりわりかし急登です。熊笹の中に岩がゴロゴロあります。ただし、コース自体は短く、1時間くらいで頂上で着きます。 紅葉の時期なので人気があり、絶景の頂上はカップヌードルの匂いいっぱいw 前橋市街 頂上近くの赤城神社 ちょっと降りたところで駒ヶ岳 お昼はアルファ米ごはん なかなか人気の山で、老若男女カップル学生色々来るんですが、 山頂にはトイレや水場がないため、3時間余りのハイキングの後の ビジターセンターのトイレは長蛇の列になります。 群馬県様、どうか山頂にトイレを設置してください…特に敬老会グループが気の毒。 赤城神社に参拝。おみくじは「吉」。湖から見る紅葉は大吉。 前橋駅→敷島公園内宿泊施設で怪談会 レンタカーを返却して、前橋駅に戻り、バスで敷島公園近くまで行って14分徒歩で宿泊施設に到着。怪談会に間に合うように、お風呂をいただきました。 いよいよ今週末に迫った、楽々園怪談会。 チケット販売は当日の16時を予定しております。 第一部、第二部共に販売開始致しますので両公演とも参加予定のかたはこちらでまとめてお買い求めください。 販売会場 パークホテル楽々園 pic.twitter.com/N8WTW8LWCi — PARK HOTEL楽々園 (@ra9ra9en) October 26, 2022 私はこちらの怪談社さんのYoutubeメンバーです。先行で一泊予約する機会に恵まれました。そして、敷島公園自体、ちょっとコワ

奥穂高 岳沢~重太郎新道コース ソロ

Image
  2018年に槍に登ったころから、奥穂高は絶対登ろうと考えていました。 去年の夏、一度トライしましたが、前週の雪崩であえなく涸沢逗留。 やっと今年、実現しました。 二回、横尾を通ったので、今度は岳沢ルートで行きます。 以前から「岳沢から重太郎新道は結構つらいよー」と話には聞いていたし、前回、甲斐駒の黒戸尾根でバテているので、今回はひと月ちょっと前からボルダリングやら、それに伴う筋トレやらで準備していました。 まあそれでもつらかったw 高速バス(10/14 22:25) 毎度おなじみ、アルピコ交通の深夜バスで上高地まで行きます。 去年涸沢に行った時は、ずいぶんと揺れて眠れなかったのですが、 今回はぐっすり眠れました。真ん中の席のほうが揺れないのかな? 真ん中の席はしかし、カーテンがありません。 そして、飛行機と違って毛布もないので、キャンプ用のコンパクトな保温シートを持っていくと良いでしょう。こういうの。 上高地~岳沢小屋(6:00~8:00) 5時半ごろに上高地に到着。流石紅葉シーズン只中ですごい人混み。 快眠のためにゆるいタイツを履いていたので、ここの公衆トイレで登山用のサポートタイツに着替えます。 ターミナル前~河童橋までは人の声がわいわいしていましたが、 河童橋を渡ると、美しい自然音だけになります。 コース入り口付近は沼地です。 天然クーラー。冷えるのかな? 岳沢から望む…上高地からお向かいの霞沢岳かな? 上には目的の山 岳沢小屋 朝ごはんのおにぎりを2つ食べて、トイレを借ります。お水も100円で好きなだけもらえるので、飲んで空になった330㎖マイボトルにつぎ足します。ここでヘルメットを装着します。 ここで気づいたことがあります。周りの人たちの装備が、結構軽い。 バックパネルのついていないタイプの小さめザックの人が多いです。 岳沢コースだと、この小屋の後は穂高岳山荘まで 何もないです。 水とか、食料とか、山荘泊でも、ほら着替えとか必要じゃない? この疑問は、あとから覆りました。 このコースは、 体鍛えて荷物減らしたもん勝ち だ… 重太郎新道~紀美子平 (8:30~11:30) 岳沢小屋の横を、沢を横切ってキャンプ地を通り、いよいよ前穂高へ向かいます。 ここからは「重太郎新道」という名前がついています。 話には聞いていましたが、すごいジグザグの急登です。 最初