Skip to main content

Posts

Showing posts from December, 2009

ひとりWinter Intensive

…+「AVATOR」+スシキモノ。 会社つごうで、今週一週間クリスマス休暇です。 滅多に無いチャンスなので 3日間、普段は取れない平日午前中のクラスを取りました。 バレエ3連チャンなんて、学生の頃以来ですよ。 プリンシパルの先生だったり、プロっぽいスーパーな人たちが多かったりで かなり、もったついてクックロビン♪ あ、それ♪ でもピアニストがディレクターの人で、 クリスマスソングにアレンジしてくれて弾いてくれたりしました。 得した気分。 で、昨日は結婚記念日で、 「AVATOR」を見たあと、DC近くの「たこグリル」というお寿司屋さんに行きました。 AVATORは、ジェームス・キャメロンのアニオタっぷりが 垣間見えて、日本人が見るとちょっとクスvとなりますよ。 ネタバレになるので詳細は省きますが、 一点、こういうエイリアンものでいつも気になるのは どうして地球から遠く離れた異星人が、目鼻口と頭と4本の手足がある固形の、 つまり人間型なのだ!ということです。 ということを旦那と話してたんですが、まあ恋愛ネタもあることだし、 なんぼなんでも、 タコ足ニョロニョロ出た2つのゼリーの固まりが、むっちゅーーー!   なーんてやってても、アメリカン聴衆にはキツイんじゃないか? とか、 それはそれで、逆に 局地的マニアにウケる かもね! とか、 アニオタのジェームスキャメロンだって、 日本名物タコ足ポルノ で最初は妄想していたに違いない! とか、 せっかくの寿司ディナーが台無しな会話をしてました。よよよー。 ちなみに、映画鑑賞後に着物に着替えて寿司に行ったのですが、 緋といえば聞こえはいいが、要するに真っ赤の色留袖に オレンジと金の袋帯をしめた どこのミラージュナイトですか?みたいな着合わせです。 母が私の結婚衣装にと、白無地をずっととっておいたものを 私が独身主義だった20代のころ、 「勿体無いから染めて色無地で使わない?」と 持ちかけられて染めて仕立てたものです。 本当は、もっと沈んだワインレッドを色見本から選んで母に伝えたのですが、 「あれじゃあ、おばあちゃんみたいじゃない」という勝手な理由で こんな真っ赤に;;  でも、無駄に攻撃的な着こなしができるし(おい)、 季節柄アメリカで のみ ウケる着合わせなので、結婚記念日のディナーはこれで。去年もこ

雪嵐一過 2

変な氷柱をみつけました。 軒下から落ちる雫が、もみじの枯れ枝にひっかかってできたらしい。 このトンガリ具合、冥衣ぽくって良い。 ところで、昨日日没後に、除雪車がやってきてくれて、 やっと車が出せるようになりました。 去年買ったこの家、私のたっての希望で 住宅街の中でも、奥まった通りにあるため 静かなのはいいのですが、雪が降ると閉じ込められます。 除雪車が来る前の昨日の状態;; もう、近所総出。

雪嵐一過。

朝っぱらから雪かきしました。車が出られるように。家の前だけ。 晴れてますが、やっぱりまだ気温は低いので、 バレエタイツ+ニーハイ靴下+ジーンズ+更にロング靴下 で、ゴム長にジーンズの裾突っ込んで雪かきです。 バレエタイツ、保温性が高い上、大きな動きを妨げず便利です。 多分聖衣や冥衣の下も、こういう素材なんだろうな。<一言多い; ただし、除雪車が家の前を通ってくれなければ、出られないけど。 昨日は閉まってしまったバレエ教室、今日は開くのかなあ? 開いたとしても、除雪車が通ってくれないと道に出られないんで(以下ループ)

探し物

大雪です。 雪の中の犬と、雪の中のおもちゃを探しています。 呼ぶと「は?」という顔をするのがおもろい。 結局無視するんだけどね。

大刀妄想。

----------------------------- 「酒を冷やすのだろう。此方の水の方が冷たいぞ。」 意外な場所で主君の声がかかり、驚愕して声の方を見ると、 その主君が地べたに座り、小川の冷たい水に手をつっこんでいた為、 更に驚愕して小走りで歩み寄った。 地に広がる外套の上には王の剣。 「そのようなこと、お言いつけ下されば。」 「・・・武具というものはな、使う者自身が日々手入れをしなければ いざというときに裏切られる。 お前の所の側女達と同じことだ。」 ----------------------------- というのは、ずっと以前書いた没ネタより抜粋。 さらにこれの元ネタは、ギエムのポワントに対する発言だったかな。 ・・・ジャンル入り乱れスミマセン。 必殺2009妄想なんですが。 主水や小五郎の刀について。 スリの回や、通り魔の回に言及されていたけど、 人斬った後はちゃんとお手入れしてあげないと、 錆びるわ刃はダルダルになるわで大変だよね? 主水は小刀だし、家族から放置されているみたいなので、 いくらでも自分でこっそり、刀の手入れなんてできそうだけど、 小五郎の大刀はどうしているんだろう? 家に帰れば、かなり嫁姑にべったりされているので こっそり大刀の手入れなんて無理っぽいんですが。 誰か裏稼業の仲間に、手入れさせるために、 寄り道してから帰宅しているに違いない。 普通に考えれば、いつも何もしないで銭っコ貰っているお菊の仕事だろうけど、 腐女の脳みそで考えるので、涼次の処に寄っていればいいと思う。 経師屋だしね。道具揃ってそうだしね。 冒頭に引用したように、武具を任せること≡心を任せることです。 刃こぼれ具合から、 「手前ぇだって情に流されてんじゃねえか。」 なーんて、心のうちがバレたりしたらもっと萌えます。 元ネタが放送されていないうちに、妄想してみました。 腐女で便利な人生。

tvjapanのばかー!

必殺2009、いきなり番組表から消えた・・・・ まだ10話までしか放映していないのに・・・! ね、年末年始だからだよね? 一月になったら復活するよね? 打ち切りなんていわないよね?? あんな、ぶった切り寸止めな回で停止なんて。 小五郎の太刀がむせび泣いているよ!!!<・・・妙に行間読まないでね。 まあ、そもそもTV見ている暇はなかったはずなので 本来の作業に戻ります。 絵とか、読書とか。 でも新年には復活して欲しい!!

ヘタの横好き

私のバレエのことです。 昨日の夜は、少し上のクラスを受けました。 火曜日の夜は、中級と、初級2のクラスがあって、 夏のブランクのあとは、ずっと初級2を受けていたのでした。 が、最近初級2クラスが激簡単で、汗一滴もかけなくなってしまった; ので、中級にシフト。 先生は、スクールの事務所でよく見かける方で 初めて受けるクラスなのに、なぜか私の名前を知っていました。 クラスの方は楽しかったです。 月曜日のクラスの先生がうけてたり、 Youth部門のスーパーな子がいたりしましたが 意外と基本ねっちりやる系の先生で助かりました。 もちろん、私が大層苦手とするアレグロが、いつもよりいっそう小さく早く、 かーなり、もたつきました が、 師走の仕事ストレスもやもやの週中の夜に行ったバレエで、 最後に景気よくパーッとグランワルツで跳べたのはよかった。 ・・・形はどうであってもな。 犬がいるので、旦那とどちらかが夜七時前に帰ってあげないといけないのですが、 旦那も合気道のクラスがあるので、かち合わないよう調整しないといけません。 前エントリの有段者試験までは 月木が旦那、火水が私が遅くなってもいい日、としていたのですが 旦那と話し合って、隔週で、月水、火木で交代することにしました。一月から。 だって、2連続でエクササイズ日って、疲れるんだもん。 そのうち水曜日のスーパー先生のクラスも受けれる、かな・・・;? 来週は、仕事が一週間休みです。 なので、普段出れない昼間のクラスも受けてみようかな・・・?

合気道どうよ。

土曜日は、日本の家族に送る国際郵便で、 郵便局で不当な目にあった後、 合気道の有段者試験を見に行きました。 意外に面白かったです。 音がないところで、どう動きを合わせているのかがまだ謎ですが<合気道。 日本の武道を習うアイルランド系アメリカンと コテコテヨーロピアンなバレエを習う、出自微妙なデカイ日本人の妻。 謎な夫婦ですな。 ともあれ、旦那は無事、二段に昇格しました。

寒。

まいにちまいにちぼくらは氷板の 上で凍えてやんなっちゃうよ♪ なんて歌っているばあいではなく。 寒いです。 毎日水の融解点を過ぎない気温の日々が始まりました。 昨日から。 自律神経失調気味の私は、いきなり下がった気温に適応できず、 今日一日、ガラパゴスの爬虫類のような顔して仕事してました。 普段、(年の割には)こまごま動く方なので、周りに心配させてしまった。 体が冬気温に慣れば大丈夫なんだけど。 明日は旦那の合気道の試験を見に行くため バレエには行かないとします。 どうせ行っても私はガラパゴスゾウガメ化してるだろーし。 こういうダメ人間なときの楽しみはテレビね、ということで、 必殺2009の、小五郎の裏の顔にめろめろです。 ヒガシのお育ちのよさそうな見てくれで、 べらんめえ調でスゴむのがたまらん! 今週、からくり屋の子供がヘマをしました。 来週、小五郎にたたっ斬られるかと思うと、もーーー楽しみで!(酷) 旦那は涼次がお気に入りです。 が、もうちょっと、背の高さを時代劇で生かすような動きができれば もっといいと思うんだけどなこの人。 と私は思っている。 ちなみに私も母譲りの江戸なまりがあるので、 気を抜くと、サ行が怪しくなります。 しかしそのおかげで、英語のTHには苦労しないというメリットもあります が、 無駄に口が悪いというデメリットのほうが大きいかも。

初雪と裁縫

です。 朝バレエに行った帰り道は、道路がまだ雪かきされていなくて かーなり、すべるくりんv ========================== 旦那の合気道の試験が来週あるというので、 袴をつくろって欲しいといわれました。 ミシンを持っていないので、手縫いです。 まあ、手縫いの方がコマい繕いができるのですが、時間はかかる。 それで土曜日つぶれそう。 むか~! まあ、どうせ外にでても雪だけどね。 年末年始で、私の伊達襟もつけかえないとだし。 明日は晴れるそうなので、朝のジョギングで、 湖がどんな顔を見せてくれるか楽しみ。 ところで、待ち針と針山を買いに行ったときに思ったのですが、 昔、家にあった裁縫道具は、人の髪が入っていました。 ああいうの、もう売ってないんだろうな。日本でも。 なんでも油が針先の錆防止になるとか。 でもさー油って、人間の皮脂だよねえ;  酸化するだろう?とか、雑菌湧かないのか? とか、疑問はつきません。 和裁だと針を咥えたりするし。 昔の人が、アレルギーも無く、やたらタフだったのは 雑菌まみれで暮らしていたから、 だから、子供は多少汚く育てたほうが健康に育つ、 抗菌グッズは逆効果、 という記事を今週見ましたが、針山はそんな一例でしょうか。 人の髪は、なにやら怨念がこもってそうで怖い・・・ 昔、コスプレのために腰下まで髪を伸ばしたことがあったのですが、 切ったとき、しばらく箱に入れて取っておきました。 自分の髪と言えど怖かった。長くて。 貞子より以前の話ですよ。 考えてみれば、針山作っておけばよかったのね。 ちなみに、こちらにはしつけ糸というのが売ってません。 あの、引っ張ると、てけとーに切れてくれる、ゆるい縒りがいいのに。