白鳥の湖でレシート替え




アメリカの「グロ」ーサリの話。
写真は関係ありません。

買い物に出かけた。ら、WETAクラッシックFMで白鳥の湖が流れてきた。
冒頭の1幕グランワルツ、で、次のマイム曲も始まったので、お、全曲流す気だな、と
思いながら車を降りた。

たった4つの買い物をした。
んだけど、前の人がレシート切れで、
係りの人を呼ぶ。(セルフチェックアウトのラインだったから)
係りの人が来るまで5分
レシート替えるのに10分 

何事?!

・・・もたもたする手元も見てて、
ピアノの先生よろしく、ぴしゃりと手の甲をはたきたくなった。(最近はそんなピアノの先生はいないだろうが)
つうか、仕事に差し支えるなら、爪なんか伸ばすな!エナメル塗るな!


私の番になって、全て支払いも終わってから
レシートが真っ白;;
プリントされてないーー!と、店員さんが来るまで5分
再発行してもらうまで5分。


もうアメリカのグローサリーはいやじゃー!と、
へとへとになって車に戻ったら、さっきのFMから、
3幕の黒鳥の32回フェッテが流れきてビックリ。
えええ、そんなに時間たっちゃったの?!ガーン!

と思ったら、次の曲は1幕の乾杯のコーダで。ほっ。
そうだ。そういうバージョンもあるんだった。
ビックリさせないでよね。

でも、一幕バ・ド・トロワ分の時間は、
いいかげんなアメリカン従業員に、丸々取られたということだ。
それだけでも酷い時間の浪費だ。天気のいい日曜日に。
たった4つの品物買うだけだったのに!

つうか時計見ろ私。

Dogs