Skip to main content

オヤジ萌えぇ☆


べったり日記っぽいことも書いてもバチはあたらんだろう。


ピアニストのBrian Ganz氏は、St.Mary大学や、
ジョンスホプキンスのPea body音楽院で教師もしています。

で、「ショパンプロジェクト」というのを数年前からはじめていまして、
一人でショパン作の曲を全部弾いて録音しよう!という大風呂敷企画で、
10年以上かかるそうです。

今年は3回目で地元Strathmore劇場で演奏します。
お題はこんな感じ。

  1. マズルカ Op. 7; 
  2. 3つのエコセーズ
  3. ノクターン C-sharp minor
  4. プレリュード プレストA-flat major 
  5. バラード No. 1 in G minor,&No. 3 in A-flat major
  6. 24 プレリュード

Strathmoreは結構大きな会場です。渋谷の文化センターくらい。
DCのナショナルフィルハーモニックが協賛しているとはいえ、
一人で借り切るのは相当リスクだと思いますよ。

で、めざせ満員御礼。
年始から毎週地元メリーランドあちこちで、無料コンサートやって
プロモ活動されてます。

1月5日(土)ユダヤコミュニティセンター@Rockville 昼
1月6日(日)ユニタリアン教会@Annapolis 夜
1月12日(土)St. Johns教会オーケストラのディレクターのおうち Ellicott City 夜
1月13日(日)Methodist教会@Frederic 昼

全てメリーランドです。私が行ったのは、1月5日(土)と1月12日(土)。

両方とも、本番19日にやる曲の一部を演奏してました。
しかし演奏だけでなく、いちいちその曲の成り立ちとか構成とか説明してくれます。流石教師。
そして、ショパン リクエストタイムもあります。
両日とも「革命」とか「幻想即」とか「英雄」とかがリクされてます。まあ有名だしね。

5日は、質問タイムで「中国から5百万人のピアニストが襲来しつづけてるけど、どうしたらいいか?」とか
「うちの息子では月光ソナタ(←ショパンじゃねぇ)弾けないと先生に言われた。どうしたらいいか?」
といった、


うーん。じゅー・・・・(汗)。


な、質問も出てましたが、上手くかわしてました。
先生vsモンペ?

この日は、携帯鳴らしちゃう客とか、歌い出しちゃう客とか、途中からどかどか入ってくる客とか
オラぁー(怒)な感じ。じゅーーーぅ(汗)もっとばんがれ。

12日は、夜のせいか場所のせいか、集まった人たちはもっと静かでいい感じでした。

私も12日には、ノクターン27-1をリクエストしました。えへへ。
だって一っ番真っ黒な夜想曲vだと思いますものv
ちょっと、えっ?こいつ何?ヲタ?って顔された(気がする)けど、
それでもオッケーと、楽譜持ち出して弾いちゃってました。すごい。
弾く前に、夜想曲の成り立ちと、この曲独特のフラットなc#音階のお話をしてくれました。
中間部の左手、めっさ見た見た。めっさメモ取った!

ちなみにこの12日、早目に着いたので鍵盤まん前の席で指をガン見できましたよ。
小指が薬指と同じくらいの長さなの。すげえ。フェアじゃない!(←何?)

「革命」とか、リク率高いのだと、慣れているせいか、
着座しながら右手の五音和音どかーんと入っちゃう。
これはちょっと笑った。・・・お行儀悪い(笑)

この日は(大きな)個人宅のリビングでの演奏会だったのですが、
ピアノがすごかった。

私は、まっ黒なピアノが断然好きですが、
こういう暖ったかいのもステキですね。1879年に地元Baltimoreで作られたそうです。
中身はちゃんと調律もメンテもしてあって、きれいな音が出ます。

しかしよく見ると、鍵盤の高さが一定ではありません。
これで早いパッセージを、するするする~行っちゃってたんだからMr. Ganz凄すぎ。






























そして19世紀に日本から流出したアンティークもあった!
近所に伊万里!?


私、この夜は、一月だと言うのにウールの黒に赤絣の入った単で、帯もウールで
私的には超カジュアルな軽装きものだったのですが、
集まってた人たちに「それ着物?Beautiful!」とか言われて照れました。
スミマセン;;本番は絹の色無地で行きませう。

今週末19日の本番Strathmoreは義理両親や義理両親の友達も巻き込んで
チケット買っているので、今月、同じピアニストのコンサートに結局3回行くことになります。


引っ張りまわされる旦那はたまったもんではありません。
でも「なんかクラッシクも好きな気ガス」とか言い出しているので、よしとします(笑)

Popular posts from this blog

甲斐駒(黒戸尾根)要再チャレンジ!

冬はともかく、雪解けしてからも仕事が忙しくて山に行けず、ちょっと土曜日に行った辻山も、雪が未だ深く途中で下山。5月は老母と旦那と犬を連れての奥穂高の温泉に行ったけど、私がツアコン役だったので気が休まらなかった。 6月に笠取山に犬と旦那を連れて行こうとして、新しくキャンプ用のザックまで買ったのに、天候不良になりそうで中止。 私が好きで行く私の為の山登りが、今年全くできていない!!と、正直キレた。 キレた勢いで、甲斐駒を計画してしまいました。前から「刀利天狗」とか「摩利支天」とか、中二病スポットにあこがれていたのです。 なので、上記スポットを通る黒戸尾根コースで計画しました。 正直言って、スキル不足でした、と後から思いました。まあこれは後で。 前日~当日登山口 会社の飲み会でいつもよりも遅くなった上に、旦那もなにやらコミュニティイベントがあったとかで、遅くに帰ってきてから犬の散歩。そのあとでパッキング最終仕上げ。うーん睡眠不足。特急電車で寝れるからいいか。 当日朝は、4時に起きて犬の散歩→早朝電車で新宿へ 小淵沢で下車して、予約していた Mountain Taxi で尾白渓谷駐車場へ 去年の北岳 も、北アの時も、だいたい早朝出発なんだったんだけど、今回は公共交通機関を使ったので、9時出発です。 ここで、YAMAPの甲斐駒地図をダウンロードしていないことが発覚。くっそー。昨日の私を呪う!! ~笹の平分岐 蝉の声がカナカナカナ…と降ってくる中、深い緑の間を一人で登っていきます。今回、のぼりでは全く周りの登山者を見かけませんでした。 蛙さんこんにちわ。 しかしなー。登りがしょっぱなからつらい。結構頻繁に立ち止まってしまう。コロナで2年半ぐらい家から仕事してて通勤がなく、まあ、ほぼ毎日犬と走っているけど、全身運動は特にしていないので、体力が落ちていることをしみじみ感じました。 やっと笹の平分岐!で、前日コンビニで買った、滅多に買わない高カロリーの菓子パンを食べます。写真にとれなかったけど、子サルがいました。  ここで、周りにほんとに登山者がいないので、熊鈴をストックにつけ替え、ウルさめに設定しなおしました。 笹の平分岐の後に粥餅石。 遠くからでも目を引く、倒木の上のキノコ。 こういうのが、森の中の見間違いになるんだろうなあ。 この山は、山岳信仰、特に剣術を学ぶ方々が信仰している

北岳

I started to consider climbing up a mountain in south Alps in Japan, right after I climbed Mt. Yari in 2018 . I could not accumplish that in 2019, due to my broken bone in my left arm. In 2020, the whole South Alps was closed due to Covid-19. This was the long-awaited chance to climb up Mt. Kita. 2018年、 北ア槍ヶ岳を登った 後、南アにも行きたくなった。2019年は骨折で断念。2020年はコロナで断念。今年こそは!と南ア北岳にお邪魔しました。 芦安駐車場  (Ashiyasu Parking lot) In the previous day of the climbing day, I drove to parking lot in Ashiyasu . Driving to this parking lot was scary because it is a drive alone in the narrow and dark mountain path. However, in the parking lot, there were many climbers already parking there in 10:30 pm. A morter cyclinst was even sleeping on the ground with sleeping bag. Oh, that looks cold. I wrapped into a blanket, slept while listening a ukrere sound, strum, strum, and strum.  前日10:30pm頃、 芦安駐車場 に着く。芦安に行くまでの道は暗くて狭くてかなり怖い。 しかし芦安第二駐車場に着いたら、多くの車が同じことやっていて安心した

発端状山@沼津 元ラブホに老母と宿泊w

  沼津の内浦湾に続く伊豆長岡三津線にぽつんとある ペットフレンドリーなホテルに年末年始泊まりました。 伊豆富士パノラマパーク でお昼。 老母がいるので、あまり歩き回らず、すぐにチェックインします。 ホテル自体はかび臭いし、ドアの横にはブレーカー機材がいちいちある。 ベッド周りの元ラブホっぽい機材が笑えます。 ホテルの周りには 廃トンネル と、 取り壊し中の廃ラブホ(旧:ホテル三津アイネ)があり、 新年からオカルトになりました。 大晦日はRIZINを見て、朝は初日の出を見ようと、発端状山に少し登りました。 しかし、意外とガッツリ登るコースでした。 全く登山の用意をしていなかったので 途中でひきかえしました。   途中でも、なかなかきれいな早朝の富士山は見れました。 そしてその後ろは、南アかな? 帰り道の、箱根ターンパイクからの富士山。 今年も安全登山でよろしくお願いします。