オヤジ萌えぇ☆


べったり日記っぽいことも書いてもバチはあたらんだろう。


ピアニストのBrian Ganz氏は、St.Mary大学や、
ジョンスホプキンスのPea body音楽院で教師もしています。

で、「ショパンプロジェクト」というのを数年前からはじめていまして、
一人でショパン作の曲を全部弾いて録音しよう!という大風呂敷企画で、
10年以上かかるそうです。

今年は3回目で地元Strathmore劇場で演奏します。
お題はこんな感じ。

  1. マズルカ Op. 7; 
  2. 3つのエコセーズ
  3. ノクターン C-sharp minor
  4. プレリュード プレストA-flat major 
  5. バラード No. 1 in G minor,&No. 3 in A-flat major
  6. 24 プレリュード

Strathmoreは結構大きな会場です。渋谷の文化センターくらい。
DCのナショナルフィルハーモニックが協賛しているとはいえ、
一人で借り切るのは相当リスクだと思いますよ。

で、めざせ満員御礼。
年始から毎週地元メリーランドあちこちで、無料コンサートやって
プロモ活動されてます。

1月5日(土)ユダヤコミュニティセンター@Rockville 昼
1月6日(日)ユニタリアン教会@Annapolis 夜
1月12日(土)St. Johns教会オーケストラのディレクターのおうち Ellicott City 夜
1月13日(日)Methodist教会@Frederic 昼

全てメリーランドです。私が行ったのは、1月5日(土)と1月12日(土)。

両方とも、本番19日にやる曲の一部を演奏してました。
しかし演奏だけでなく、いちいちその曲の成り立ちとか構成とか説明してくれます。流石教師。
そして、ショパン リクエストタイムもあります。
両日とも「革命」とか「幻想即」とか「英雄」とかがリクされてます。まあ有名だしね。

5日は、質問タイムで「中国から5百万人のピアニストが襲来しつづけてるけど、どうしたらいいか?」とか
「うちの息子では月光ソナタ(←ショパンじゃねぇ)弾けないと先生に言われた。どうしたらいいか?」
といった、


うーん。じゅー・・・・(汗)。


な、質問も出てましたが、上手くかわしてました。
先生vsモンペ?

この日は、携帯鳴らしちゃう客とか、歌い出しちゃう客とか、途中からどかどか入ってくる客とか
オラぁー(怒)な感じ。じゅーーーぅ(汗)もっとばんがれ。

12日は、夜のせいか場所のせいか、集まった人たちはもっと静かでいい感じでした。

私も12日には、ノクターン27-1をリクエストしました。えへへ。
だって一っ番真っ黒な夜想曲vだと思いますものv
ちょっと、えっ?こいつ何?ヲタ?って顔された(気がする)けど、
それでもオッケーと、楽譜持ち出して弾いちゃってました。すごい。
弾く前に、夜想曲の成り立ちと、この曲独特のフラットなc#音階のお話をしてくれました。
中間部の左手、めっさ見た見た。めっさメモ取った!

ちなみにこの12日、早目に着いたので鍵盤まん前の席で指をガン見できましたよ。
小指が薬指と同じくらいの長さなの。すげえ。フェアじゃない!(←何?)

「革命」とか、リク率高いのだと、慣れているせいか、
着座しながら右手の五音和音どかーんと入っちゃう。
これはちょっと笑った。・・・お行儀悪い(笑)

この日は(大きな)個人宅のリビングでの演奏会だったのですが、
ピアノがすごかった。

私は、まっ黒なピアノが断然好きですが、
こういう暖ったかいのもステキですね。1879年に地元Baltimoreで作られたそうです。
中身はちゃんと調律もメンテもしてあって、きれいな音が出ます。

しかしよく見ると、鍵盤の高さが一定ではありません。
これで早いパッセージを、するするする~行っちゃってたんだからMr. Ganz凄すぎ。






























そして19世紀に日本から流出したアンティークもあった!
近所に伊万里!?


私、この夜は、一月だと言うのにウールの黒に赤絣の入った単で、帯もウールで
私的には超カジュアルな軽装きものだったのですが、
集まってた人たちに「それ着物?Beautiful!」とか言われて照れました。
スミマセン;;本番は絹の色無地で行きませう。

今週末19日の本番Strathmoreは義理両親や義理両親の友達も巻き込んで
チケット買っているので、今月、同じピアニストのコンサートに結局3回行くことになります。


引っ張りまわされる旦那はたまったもんではありません。
でも「なんかクラッシクも好きな気ガス」とか言い出しているので、よしとします(笑)

Dogs