Skip to main content

やっぱりネクロじゃん!

mixiとのリンクは近々はずします。
フィードはここから。楽にUpdateが拾えます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

谷山浩子の歌に、「海の時間」というのがあります。

"君の中指にキスをして
冷えた肩を手で温めて
君を本当に大好きだよ
何度言ってもいいたりない"

という、ロマンティック甘系の恋人の歌なのですが。

大学のころこれを最初に聞いた時、ネクロフィリア、
つまりこの「君」はベットの上に隣にいるけど死骸
と、寸座に思った。

で、テープに落としてくれた、
当時古文書研究会の同期だった女性にそう言ったら
「あんたは人間愛が足りない」
と言われて、そーかしらねーと思ったもんだ。


で、最近になって、車の中で流してて、


一体どこがネクロと思ったんだ>私


と一人ツッコミ。
ちゃんといえばセルフ・スケプチズム。

全文歌詞は検索すると出てくると思うけど
「君」が死骸という気配は何もない。

あえて言えば、「冷えた肩」くらいか。
しかし死んでなくても肩くらい冷えるしね。
寒い夜って冒頭で言っているしね。

もひとつあえて言えば「君」のアクションが
なにもないところかな。
でも、消極マグロだと思えば普通だし。

やっぱり若いころの私の頭の中、
人形愛とかネクロとかそんなのばっかりで
見るべきものが見えてなかったのかしら?

と思いかけてたそのとき、

http://www.youtube.com/watch?v=F9YPXP0zJas

こんなの見つけました。

これはアニメ?AMVって何よくわからんけど、
どうやら重いお話のよう。

...

...

勝ったと思った。

少なくとものこの製作者、
この曲と死を結びつけたわけでしょう?
やったー!グッジョブ!
私以外にもこの曲を私と同じ解釈した人がいたわけだ!
そして、それで市場にながれるという。

ミリ単位の満足感だけど、
世間が私についてきた!みたいな幸福を
感じませんかこういうとき。

・・・ないか。

Popular posts from this blog

Asahina Path, with family (husband, black dog and white dog)

This was the training walk and car ride for our new puppy who still suffers motion sickness in the car. Due to the damage from the typhoon in September 2019, the path was filled with fallen trees. We could managed to reach Kumano shrine, but we would recommend all visitors to wear hiking shoes. The puppy enjoyed the path, though.  waiting for young brother...

3 hours: short hiking for my senior sister dog: San-No-To (三の塔、犬のため)

Summary: Hi, people. Please keep a leash on your dog. That's the way in Japan now. My long time running pal, Tomoe the Kishu dog has been depressed for a while, and has been stressed out, because of the introduction of this puppy to our household. To make her feel better, I decided to have a short hiking trip of only 3 hours solely  for her. Not with the Kishu & Kai mix boy puppy above, since he is too young, and vaccination to prepare for mountain hike has not completed yet. We arrived Yabitsu peak parking lot at 7:00 AM. I could not take photos, but on the way driving up there, the morning sunshine shed between trees is so beautiful and breathtaking.  I thought we should have come over an hour earlier, so that we can see the sunrise in the course instead. The most popular course in Tanzawa "Omote ridge line" is still covered with snow, so crampons are absolutely needed. Yabitsu Peak From the San-no-tou The public bathrooms in the beg