Skip to main content

果実は毒が強いほど美味い。

1.
毎週見ている、英語字幕付きの「天地人」
やっと本能寺の変でした。 2ヶ月ぐらい遅れるんで。

さすがに今回は、イントロの背景説明なし。
「本能寺の変」とタイトルのみ。
私はリズムがいいね、と思ったけど、旦那はうろたえてました。

感想ですが。

自分の死の直前に、
愛した側室や小姓のことではなく、
会ったこともないライバルのことを考えた信長に萌!

吉川の信長は、静ばかりでどうもなぁ、と思ってたのですが、
最後の微笑みが恐ろしく粘着で、良かったです。

しかし、ちゅどーんvの爆発は何ですか??え、爆発したんですか本能寺。
火薬庫に火が付いて、とか。
しかし当時の火薬で、あんな火キノコが上がるとはとてもおもえないケド;
ここはやっぱり、実は生き延びて大陸へわたり明王に、のノリかな?


冗談はともかくとして。
願わくば、この本能寺のエピソードにもっと時間を割いてもらいたかった。
あの明智の死に方どうよ?
いや、そりゃそうなんだけど、その前にもっとあるでしょう!
秀吉もちゃんと描いてほしかった。
画面オーバーラップ2秒だけでなく。

主役バカップルの話はどーーーでもいいから!(叫)
早送りしてやろうかと思った<-録画で見ているから。

=====================================
ところでNHKさん。小西行長@大河はマダデスカー?
九州四国にだって戦国乱世はあったんだ!海王海王!
=====================================
2.
「おくりびと」をこっちで上映しているので、見てきました。

ナイショですが、私はネクロのケがあるので、死体三昧な映画に興味深々でした。

もっくんは、熟れていい顔になりましたね。
しかし映画自体は、もうちょっと短くまとめても良かったかも。
周りの反対のエピソードは、いくつか重複しているし。
嫁キャラがウザいので、そのあたりもカット。
逆に、社長さんと、事務のおばさんをもうちょっと深く描いてほしかった。

綺麗な死体三昧@綺麗な棺桶だったので、文句言いませんが。
=====================================
3.
Netflixで、川本喜八郎の短編集を借りることができました。
実は、一人で見てすぐ返しちゃおうと思ってたのですが、
以外にアシッドな画面が、旦那にウケました。
英語字幕も入ってたしね。

こうしてみると、自分の絵が最大に影響を受けたのは、
川本喜八郎の人形かもしれない、と思いました。
猫目とか。
最近必要に迫られて、デブ悪代官とか腹黒老人とかよく描いていたので、
余計にそう思いました。
「三国志」子供の頃見てたしなあ。

しかし、「火宅」を、旦那に説明するのが難しかったです。
私、おシャカ教であっても、仏教徒ではないからなあ。

=====================================

ところで寛永年間の、女性の和服を
一冊目で思いっきり間違えていたことに気がつきました。
アワアワ;; ごごごめんなさい。
旧暦に加えて、第二の大きな嘘です。<1冊目。

再版なんてことはないでしょうが、いつか暇を見て直しておこう原稿。

・・・いつだ;

2冊目、本気で大幅に押している上、締め切りの週がIVF予定と重なっています。
さすがにIVF優先。
ベッドで安静といわれている期間に起きだして
生首晒し首を仕上げってわけにも行かないしー。
・・・なんかもう、出ないかも・・・(弱気);
3月からずっと描いていたのにー;(涙)
---------------------------------

表題は、以前自作品で使ったフレーズです。

何を描かせてもそういう方向に、流れていきます。

Popular posts from this blog

発端状山@沼津 元ラブホに老母と宿泊w

  沼津の内浦湾に続く伊豆長岡三津線にぽつんとある ペットフレンドリーなホテルに年末年始泊まりました。 伊豆富士パノラマパーク でお昼。 老母がいるので、あまり歩き回らず、すぐにチェックインします。 ホテル自体はかび臭いし、ドアの横にはブレーカー機材がいちいちある。 ベッド周りの元ラブホっぽい機材が笑えます。 ホテルの周りには 廃トンネル と、 取り壊し中の廃ラブホ(旧:ホテル三津アイネ)があり、 新年からオカルトになりました。 大晦日はRIZINを見て、朝は初日の出を見ようと、発端状山に少し登りました。 しかし、意外とガッツリ登るコースでした。 全く登山の用意をしていなかったので 途中でひきかえしました。   途中でも、なかなかきれいな早朝の富士山は見れました。 そしてその後ろは、南アかな? 帰り道の、箱根ターンパイクからの富士山。 今年も安全登山でよろしくお願いします。

北岳

I started to consider climbing up a mountain in south Alps in Japan, right after I climbed Mt. Yari in 2018 . I could not accumplish that in 2019, due to my broken bone in my left arm. In 2020, the whole South Alps was closed due to Covid-19. This was the long-awaited chance to climb up Mt. Kita. 2018年、 北ア槍ヶ岳を登った 後、南アにも行きたくなった。2019年は骨折で断念。2020年はコロナで断念。今年こそは!と南ア北岳にお邪魔しました。 芦安駐車場  (Ashiyasu Parking lot) In the previous day of the climbing day, I drove to parking lot in Ashiyasu . Driving to this parking lot was scary because it is a drive alone in the narrow and dark mountain path. However, in the parking lot, there were many climbers already parking there in 10:30 pm. A morter cyclinst was even sleeping on the ground with sleeping bag. Oh, that looks cold. I wrapped into a blanket, slept while listening a ukrere sound, strum, strum, and strum.  前日10:30pm頃、 芦安駐車場 に着く。芦安に行くまでの道は暗くて狭くてかなり怖い。 しかし芦安第二駐車場に着いたら、多くの車が同じことやっていて安心した

来年の山予定

1月 蛭が岳(八丁坂コース) 2月 奥多摩~大山~武蔵五日市  3月 笠取山 (テン泊)  4月 川苔山(奥多摩)  5月 鳳凰三山  6月 瑞牆山  7月 奥穂高  8月 どこも混むのでお休み  9月 甲斐駒  10月 農鳥~間ノ岳  11月 塔の岳かな  12月 鷹ノ巣山(奥多摩)