Skip to main content

Chromesthesiaの話



最近このCognitive Disorder(知覚変異?)があまり日本語で話されていないことに気づきました。
なので日本語エントリ。
米国でくらしているうちに、私は英語でこの症状にあたることに気づきました。

Chromesthesiaとは

---
Many synaesthetes, however, are born with the variance known as chromesthesia. This results in specific sounds, pitches and timbres generating corresponding colours and textures in the field of vision (or, as some describe it, in the “mind’s eye”).
---

聴覚で聞いた音を色や質感として理解する脳の働きをする症状を、Chromesthesiaといいます。日本語での呼び名を私は知りません。

● Chromesthesiaはどう見えるの?

私は認知学専門家ではないので、他の方はわかりません。なので私の場合だけを話します。

1.日常生活

まったく問題ありません。だだ、比較的人ごみを「うるさい」と感じてイライラする閾値は低いので、耳栓は常に持ち歩いています。

2.音をちゃんと聞こうとする場合
Chromesthesiaは、主に集中して聞いているときに発生します。録音された音をヘッドホンで聞きながら通勤しているときは発生しません。
録音された音でも、静かな環境で集中して聞くと発生します。
しかし一番発生率が高いのは、生の音を聞く機会です。ここではコンサートの場合と、授業の場合を二つの例を上げます。

例1. コンサートなどの場合: 
色を感じ、その場の空気の質感?が変わります。色の錯誤認識が一番頻繁に発生し、会場のライティングとは関係ないため、音の影響でライティングと混ざった印象を受けます。
感じ方はレイヤを重ねた感じ。ずっと見えているわけではなく、一瞬見えて消えたり、しばらく続いたりします。
音をトリガにして自分の記憶が見えることもあります。これはちょっと、心理的にキツイ場合もあります。😥

支障が出た唯一の例では、スタンディングの洋楽コンサートで、トゲトゲした赤い空気を吸気できずぶっ倒れ、セキュリティの方にこぼう抜きで救助されたことがあります。あの時はマジホントすみません 🙇 > スタッフの方
体調の問題だったかな、と当初思っていましたが、上記より数か月前に、同じ会場でもっと混んだ国内アーティストをみていて、その時は大丈夫だったし、そもそも学生の若いころだったので、Chromesthesiaのせいだったかなと今では思います。

利点としては秀逸な音を聴覚の印象だけでなく、美しい視覚の印象として記憶に残る、というところです。万人にとって利点かどうかわかりませんが、私にとっては利点でした。

例2.授業などの人の声の場合:
こちらは色は見えません。ただし、話が面白いと思って聞いていると、話者の顔が巨大になったりしぼんだり、鼓動しているように見えます。
空気の質も重く丸くなります。球体の中に教室が入ってて、その人の声だけが鋭く聞こえる感じです。
利点としては、こういう状態で聞いた話は長く覚えています。なので、なるべく集中してこの状態に持っていきたいと意識します。残念ながら、最近のリモート会議のプレゼンでは発生しません。少人数のクラスであればあるほど発生しやすいです。

● Chromesthesiaになる原因
上にあげた記事では生まれながらの性質のように書かれていますね。Wikipedia のエントリによると、聴覚刺激により、視覚野へ刺激が発生しているのが記録されているとか。へー。
先天的、後天的、どちらかは私に判断つきません。こどものころからピアノをやっていたので、その影響かもしれません。
また、あまりこの話はしたくないのですが、一般的に言う良い家庭環境では育っていないので、子供のころから押し入れの中から階下の会話に耳を澄まして理解するという地獄耳の特技もありました。
なので、耳は良いほう、だと思います。年とともにどんどんこれからも落ちるんだと思いますが。

一方、私はかなり若いころから近眼で眼鏡なしでの生活はできません。
おそらく関係ありませんが、亡くなった父は色盲でした。私は女性ですので、色盲ではありません。ただ目が悪い分、耳に頼っている、のかもしれません。

● まとめ
Chromesthesiaについて書きました。若いころは音について話すと、えーw面白いこと言うねーといわれたり、変な人とという印象を与えてしまうことが多くて、ひしょげたりしていたのですが、米国に行って症状名を教えられて、少し安心しました。
なので、同じような症状のある方は、変人扱いされたら、Chromesthesiaっていうんだよ! と返してください。
あと、日本の認知学をやっている方がいらしたら、日本語訳の名前をつけてあげてください。よろしくお願いします。😉

Popular posts from this blog

発端状山@沼津 元ラブホに老母と宿泊w

  沼津の内浦湾に続く伊豆長岡三津線にぽつんとある ペットフレンドリーなホテルに年末年始泊まりました。 伊豆富士パノラマパーク でお昼。 老母がいるので、あまり歩き回らず、すぐにチェックインします。 ホテル自体はかび臭いし、ドアの横にはブレーカー機材がいちいちある。 ベッド周りの元ラブホっぽい機材が笑えます。 ホテルの周りには 廃トンネル と、 取り壊し中の廃ラブホ(旧:ホテル三津アイネ)があり、 新年からオカルトになりました。 大晦日はRIZINを見て、朝は初日の出を見ようと、発端状山に少し登りました。 しかし、意外とガッツリ登るコースでした。 全く登山の用意をしていなかったので 途中でひきかえしました。   途中でも、なかなかきれいな早朝の富士山は見れました。 そしてその後ろは、南アかな? 帰り道の、箱根ターンパイクからの富士山。 今年も安全登山でよろしくお願いします。

北岳

I started to consider climbing up a mountain in south Alps in Japan, right after I climbed Mt. Yari in 2018 . I could not accumplish that in 2019, due to my broken bone in my left arm. In 2020, the whole South Alps was closed due to Covid-19. This was the long-awaited chance to climb up Mt. Kita. 2018年、 北ア槍ヶ岳を登った 後、南アにも行きたくなった。2019年は骨折で断念。2020年はコロナで断念。今年こそは!と南ア北岳にお邪魔しました。 芦安駐車場  (Ashiyasu Parking lot) In the previous day of the climbing day, I drove to parking lot in Ashiyasu . Driving to this parking lot was scary because it is a drive alone in the narrow and dark mountain path. However, in the parking lot, there were many climbers already parking there in 10:30 pm. A morter cyclinst was even sleeping on the ground with sleeping bag. Oh, that looks cold. I wrapped into a blanket, slept while listening a ukrere sound, strum, strum, and strum.  前日10:30pm頃、 芦安駐車場 に着く。芦安に行くまでの道は暗くて狭くてかなり怖い。 しかし芦安第二駐車場に着いたら、多くの車が同じことやっていて安心した

来年の山予定

1月 蛭が岳(八丁坂コース) 2月 奥多摩~大山~武蔵五日市  3月 笠取山 (テン泊)  4月 川苔山(奥多摩)  5月 鳳凰三山  6月 瑞牆山  7月 奥穂高  8月 どこも混むのでお休み  9月 甲斐駒  10月 農鳥~間ノ岳  11月 塔の岳かな  12月 鷹ノ巣山(奥多摩)