Skip to main content

遭難した話 We got rescued in Tanzawa

突然ですが、Waldeinsamkeit、とは、ドイツ語で「森の中を一人で思索し歩く者」という意味だそうです。

私は2001年頃から2015年まで米国東海岸の平地に住んでいました。
米国の郊外は緑にあふれ、都会とは言えないところに住んでいました。一方日本の首都圏の通勤できる郊外は、あまり緑は多くなく、そしてスーパーマーケットや町中や駅で、下品にオーバーラップされて流される広告音声が嫌でした。そして静かな森を求め、休日に西東京や県内の山間部に散歩に行くようになりました。

2016年、西丹沢の「ユーシン渓谷」という場所がネット上で「景色バエる」場所としてリスティングされていました。西丹沢の玄倉地域の上流が、地質のせいで小川の地底が青色になり、とてもきれいな場所になっています。残念ながら2021年現在は2019年の台風によるがけ崩れのため通行止めになっています。



2016年当時、私はまだ山登りを始めていませんでした。ユーシン渓谷には、犬と主人と一緒に林道沿いにユーシンロッジ(無人で避難小屋のみ利用可)まで、日曜日のお散歩に行くつもりで出かけました。日本に来たばかりの主人を連れて運動靴で出かけました。
紅葉の美しい時期で、ユーシンロッジにも多くの人が訪れていて、私も犬と小川で遊んでいるうちに、片足ボチャンと小川に突っ込んだ覚えがあります。


実はユーシン渓谷に来たのは2回目でした。行って帰るのがつまらないので、何かループして帰れないのかな?と旦那が言い出した時、この道端の地図が目につきました。

あ、雨山峠ってところから、檜岳につづいて、伊勢沢ノ頭で玄倉の駐車場に戻れるじゃん?



というわけで、登山靴を履かずに、ヘッドライトも持たず、地図も持たないお散歩装備で
雨山峠に向かいました。今その当時の私を山道で見つけたら、迷わず止めます
実際、雨山峠ですれ違った女性2人、と、檜岳への道ですれ違った男性も「?」という顔をしていました。が、当時は山の中にいる外国人が紀州犬連れているってそれだけで珍しい目で見る方もいらしたので特に気にしませんでした。
逆に言うと、すれ違うハイカーはその3人以外見ないほど、マイナールートだったということですね。


しかし、山神峠を過ぎたあたりから、山道の踏み跡がなくなり、どんどん違う方向にいきます。


後から山神峠だと思ったこの標識は、違うところにあった、出鱈目のものだということが明らかになります。そういうものも山の中にはあります。悪意はなくても、数十年前の廃道への道標が放置されているとか。
午後4時ほどになり、日が落ちてきて、「あ、やばいな。帰れなくなるな」と感じ始めました。そこで旦那がどんどん沢を降り始めました。しかし、すぐにどう降りたらいいかわからない堰堤にぶちあたり、かといって上へ登り返すのも難しい急な砂利坂でというところで止どんづまり、ここで緊急電話をかけます。


警察の方が消防署に回してもらい、伝えたスマホの電池がなくなる前に表示した座標です。当時装着していたGarminのGPSウォッチの記録です。最後電池がなくなってますね。



結局、この道迷いの夫婦+犬の救助の方々が来たのは、夜22時くらいで、日がとっぷり暮れた山の中で数時間待つことになります。その時、山の上で奇妙な経験をしたのですが、その話は、とあるYoutubeの怪談チャンネルに投稿しています。

勿論消防の方からは起こられました。後日、松田署と、山北消防署には虎屋の羊羹を送っています。

しかし、この時の経験をばねにして、そのあと私は本格的に山登りを始めました。 



Popular posts from this blog

北岳

I started to consider climbing up a mountain in south Alps in Japan, right after I climbed Mt. Yari in 2018 . I could not accumplish that in 2019, due to my broken bone in my left arm. In 2020, the whole South Alps was closed due to Covid-19. This was the long-awaited chance to climb up Mt. Kita. 2018年、 北ア槍ヶ岳を登った 後、南アにも行きたくなった。2019年は骨折で断念。2020年はコロナで断念。今年こそは!と南ア北岳にお邪魔しました。 芦安駐車場  (Ashiyasu Parking lot) In the previous day of the climbing day, I drove to parking lot in Ashiyasu . Driving to this parking lot was scary because it is a drive alone in the narrow and dark mountain path. However, in the parking lot, there were many climbers already parking there in 10:30 pm. A morter cyclinst was even sleeping on the ground with sleeping bag. Oh, that looks cold. I wrapped into a blanket, slept while listening a ukrere sound, strum, strum, and strum.  前日10:30pm頃、 芦安駐車場 に着く。芦安に行くまでの道は暗くて狭くてかなり怖い。 しかし芦安第二駐車場に着いたら、多くの車が同じことやっていて安心した

発端状山@沼津 元ラブホに老母と宿泊w

  沼津の内浦湾に続く伊豆長岡三津線にぽつんとある ペットフレンドリーなホテルに年末年始泊まりました。 伊豆富士パノラマパーク でお昼。 老母がいるので、あまり歩き回らず、すぐにチェックインします。 ホテル自体はかび臭いし、ドアの横にはブレーカー機材がいちいちある。 ベッド周りの元ラブホっぽい機材が笑えます。 ホテルの周りには 廃トンネル と、 取り壊し中の廃ラブホ(旧:ホテル三津アイネ)があり、 新年からオカルトになりました。 大晦日はRIZINを見て、朝は初日の出を見ようと、発端状山に少し登りました。 しかし、意外とガッツリ登るコースでした。 全く登山の用意をしていなかったので 途中でひきかえしました。   途中でも、なかなかきれいな早朝の富士山は見れました。 そしてその後ろは、南アかな? 帰り道の、箱根ターンパイクからの富士山。 今年も安全登山でよろしくお願いします。

甲斐駒(黒戸尾根)要再チャレンジ!

冬はともかく、雪解けしてからも仕事が忙しくて山に行けず、ちょっと土曜日に行った辻山も、雪が未だ深く途中で下山。5月は老母と旦那と犬を連れての奥穂高の温泉に行ったけど、私がツアコン役だったので気が休まらなかった。 6月に笠取山に犬と旦那を連れて行こうとして、新しくキャンプ用のザックまで買ったのに、天候不良になりそうで中止。 私が好きで行く私の為の山登りが、今年全くできていない!!と、正直キレた。 キレた勢いで、甲斐駒を計画してしまいました。前から「刀利天狗」とか「摩利支天」とか、中二病スポットにあこがれていたのです。 なので、上記スポットを通る黒戸尾根コースで計画しました。 正直言って、スキル不足でした、と後から思いました。まあこれは後で。 前日~当日登山口 会社の飲み会でいつもよりも遅くなった上に、旦那もなにやらコミュニティイベントがあったとかで、遅くに帰ってきてから犬の散歩。そのあとでパッキング最終仕上げ。うーん睡眠不足。特急電車で寝れるからいいか。 当日朝は、4時に起きて犬の散歩→早朝電車で新宿へ 小淵沢で下車して、予約していた Mountain Taxi で尾白渓谷駐車場へ 去年の北岳 も、北アの時も、だいたい早朝出発なんだったんだけど、今回は公共交通機関を使ったので、9時出発です。 ここで、YAMAPの甲斐駒地図をダウンロードしていないことが発覚。くっそー。昨日の私を呪う!! ~笹の平分岐 蝉の声がカナカナカナ…と降ってくる中、深い緑の間を一人で登っていきます。今回、のぼりでは全く周りの登山者を見かけませんでした。 蛙さんこんにちわ。 しかしなー。登りがしょっぱなからつらい。結構頻繁に立ち止まってしまう。コロナで2年半ぐらい家から仕事してて通勤がなく、まあ、ほぼ毎日犬と走っているけど、全身運動は特にしていないので、体力が落ちていることをしみじみ感じました。 やっと笹の平分岐!で、前日コンビニで買った、滅多に買わない高カロリーの菓子パンを食べます。写真にとれなかったけど、子サルがいました。  ここで、周りにほんとに登山者がいないので、熊鈴をストックにつけ替え、ウルさめに設定しなおしました。 笹の平分岐の後に粥餅石。 遠くからでも目を引く、倒木の上のキノコ。 こういうのが、森の中の見間違いになるんだろうなあ。 この山は、山岳信仰、特に剣術を学ぶ方々が信仰している