タイトル伏せ字

歴史民俗学で、たとえば「お年寄りを大切に」という文面が
記録に多く見られる時期と地域があったら、
そこでは逆に、姥捨てが行われてたという憶測ができる、というのがある。

それは別に昔のことだけでなく今でも、「○×は△▲!」という文面が記録に多く見られたらと、
多分逆の作用が働いていて、それに対する抗力なのだな。と憶測できる。
もちろん、それだけじゃないだろうケド。

だってほんとに皆さんが○×は△▲だということが真だと知っていたら、
いちいち主張することないじゃない?

で、本題。
いいたかないのだけど、とある漫画ががなぁ・・・、旦那が気になる、というので
日本語でちょっと検索かけてたんだ。
ら、オープンなブログやらYahoo知恵袋やらで毎週のレコードが、ガンガンヒットする。
全てポジティブなレビューで。

私、読んでないんだけどね。 

...そんなに叩かれたのかな。と。

地方歴史民俗学で卒論だったので、ちょっとそう解釈してしまう自分がイタイ。

Popular posts from this blog

陣馬山~景信山~高尾山 職場の人とグル登山

甲斐駒(黒戸尾根)要再チャレンジ!

笠取山キャンプ(w/家族)