Skip to main content

連日下らん。エントリが。

前日、書こうとして、意外なもの見つけて横道にそれてしまった。

マイミクさん何人かには話したことあるかもしれない。
かぶったら御免。

==============================

98-9年ごろ、Windowsの初歩みたいな先生をしてたことがあって、
素人雇ってISPのヘルプデスク1stラインできるくらいにして
ISP企業に派遣として売りつける、ってのだったんだけど。

その中に、東大法学部のイケメン学生さんがいた。
その男の子は、すごい飲み込み早かったんで問題なかったんだけど、
その隣に座った女の子と仲良くなって、その女の子の方は
すごいトロかった。
付き合っている感じではなかった。

で、私は教師として残って女の子が分かるまでつきあった。
となりの男の子のも、一緒に残ってた。
二人がかりで補講して、何とかその子はサイクル卒業した。

ある日、すごく遅くなったので、おなかすいたし、金曜日だし
3人で飲みに行こうということになった。

で。

酒が入ったとたん、男の子がおねえ言葉になった。

男の子が好きなバーに行きたいというので、
女の子の方も、ああ、私もあそこ好き!というので、
2件目も付き合うことにした。


って、新宿○丁目のゲイバーやん;;


そこについたらママさんが大歓迎で。
まあ私も多少酔ってたし細かくは憶えてないけど、
男の子が「せんせー、大丈夫っぽいと思ったー」
「やっぱりせんせーは、あの会社嫌いなんだね」とか
ずいぶんと図星なこと話した後、
彼自身のこと話してくれたことはすごく印象的だった。

その話とは。
そのバーのちょっと近くに、
他のゲイ御用達飲み屋があるらしいのだけど、
その子も、ちょっと前まで常連だったらしいんだけど、
そこは、ほとんど暗闇で、完全に体の方を満足させる目的のところらしい。
だから、誰と体を合わせたか、分からないようになっている。
それが不満なんだそうだ。

たとえば、女の子がいる風俗なら、女の子の顔隠したりしないし
ある程度お話もできるのに、不公平だよね、という話をしていた。

だよなあ。
10年前のことで、まだ今ほどリアル社会に許容性がなかった頃だけど
せめてゲイ同士なら、腹割って話せて、
そしてうまくいけばパートナーを見つけることができればいいのにな。

今ごろはもう31歳か。あの学歴ならそのまま行けば
どっかでやり手の弁護士か公務員か政治家かになっているんだろう。
名前も覚えてないけど。

でも、願わくば、信頼できるパートナーと幸せにやってれば良いな、と思う。
世間体のためにどこかのお嬢さんと結婚しました、
なんてことになっていないといいんだけど。

※女の子の方は、その後銀座で水商売していると
年賀状をもらったっきりで、そっちの足取りも分かりません。

==============================================

何でこんなこと思い出したかと言うと、
探していたある人の作品を読んで、
なんで世にあふれるBLでは私にはダメなのか、を再確認した。

細かくなぜかを描写してしまうと、mixi規約に反しそうなのでやめときます。

たまにいろいろなこと再確認できる、Back Upは必要だね!

==============================================
なんて話を映画館でしながら、旦那とスタートレックを見てきました。

そのあと、「あれでカークとスポックがデキてないと思うほうがおかしい!」
と、ビールを飲みながら議論した金曜日。

Popular posts from this blog

Asahina Path, with family (husband, black dog and white dog)

This was the training walk and car ride for our new puppy who still suffers motion sickness in the car. Due to the damage from the typhoon in September 2019, the path was filled with fallen trees. We could managed to reach Kumano shrine, but we would recommend all visitors to wear hiking shoes. The puppy enjoyed the path, though.  waiting for young brother...

3 hours: short hiking for my senior sister dog: San-No-To (三の塔、犬のため)

Summary: Hi, people. Please keep a leash on your dog. That's the way in Japan now. My long time running pal, Tomoe the Kishu dog has been depressed for a while, and has been stressed out, because of the introduction of this puppy to our household. To make her feel better, I decided to have a short hiking trip of only 3 hours solely  for her. Not with the Kishu & Kai mix boy puppy above, since he is too young, and vaccination to prepare for mountain hike has not completed yet. We arrived Yabitsu peak parking lot at 7:00 AM. I could not take photos, but on the way driving up there, the morning sunshine shed between trees is so beautiful and breathtaking.  I thought we should have come over an hour earlier, so that we can see the sunrise in the course instead. The most popular course in Tanzawa "Omote ridge line" is still covered with snow, so crampons are absolutely needed. Yabitsu Peak From the San-no-tou The public bathrooms in the beg