Skip to main content

萌えバランス

↓↓↓↓跳んだと思った日記、ありましたわ。

-------------------------

minさんの「萌えてないと」エントリがらみで、
私もそんなThanks Givingをすごしてました。

=========================================
1.ThanksGiving休暇の旦那が、実家に戻って
いろいろ段ボール箱を持って帰ってきました。

そのなかに、旦那の11-12歳のころのスケッチブックというのが出てきました。
恥ずかしがって見せなかったのを横取りしてみました。鬼。

まあまあv 男の子っぽくていいじゃないのv
戦車とか。ロボットとか。銃とか。
結構、箱系の遠近法できてますよ。12歳で三点透視。やるじゃない!

すべての兵器や銃に、スペックメモと、発射時の設定画があるのがポイントですね。
鬱憤はらしローティーンの心が見えるようです。
こういうのいいなあ。
なんか、がつんとしてて。

関係ないけど、この当時のほうが手書き文字がきれいジャン!
(今じゃミミズ文字で、正直読めん;)
=========================================================

2.そして、2年前の私の未公開某二次創作が出てきました。

GoogleDocに、来年の本用のキャラ設定と時系列の表計算シートが保存してあって。
それ確認しようとしたら、2年くらい開いていないファイルを見つけた。

某二次創作のプロットです。ネタ帳に毛の生えたような。

未公開だけあって、ちゃんと公開用に整形していないところが、
また生々しく、直に訴えるもんがあります。

すごい。2年前の私。萌えパワーのゲージ、振りきれすぎ。
あれですね、加速する萌えに製作時間の方が追いつかなくて、
これまた鬱憤を書き散らしていたのですね。

ともあれ、今じゃ絶対出てきそうもない、
凝った上に酔った台詞のフレーズのオンパレードに、
びっくりしました。

昔メモ、あなどれない…

===================================================
というわけで、

1+2がこのThanks Giving休暇でのポジな収穫でした。
萌えて描いてみようよ!という。
というわけで、鎧萌えだけを頼りに絵描いてました。
最近、ずいぶん前に買った筆ペンセットが、
耐水性ということにちょうど気づいて、
やりぃ!主線に使えるじゃん!とはしゃいで。

http://cdn.dickblick.com/items/207/59/20759-1309-2ww-m.jpg

Faber Castellって、日本でも出てる?
使える色が少ないので、バラで買えたらいいんだけどなあ。

===================================================
実はですね。なんでこんなエントリかというと。

今年出した本が、どうも気に入らなくて、
そりゃ、技術的にあちこちウギャーなところあるにしても
そんなことはいつものことなので、それはおいといて。

一番気に入らないのは、描き手である私自身が萌えて作ってない;;
という所だったのでつ(涙)

オリジだし、歴史フィクションだし、長丁場になるんだし、と
いろいろ意識してセーブしていたこともあるのですが。
出来上がったものみて、

1.すげえ、義務で書いている感じがする。
2.勢いがない。
3.当初このネタで行く!と思ってたころの、やる気が見えん。

と、orz...orz... orz... orz...悶悶悶


としてたのでした。


次回作は、もうちょっとはじけちゃったほうが良いな、と思ってます。



====と=======わ=====い=====え====ど======!!!!========
※これ以降、PEACE MAKER鐵 の好きな人は読まないほうがいすよ。
=======================================================





PEACE MAKER鐵、最後まで見ました。

漫符ではじまって、漫符で終わったようなアニメでした。
あの、原作も、こんな感じなんすか・・・?

まあね、あくまで娯楽作品なので
あまり細かく史実を言いすぎてもね。
別に良いのよ。髪型がありえないとか、小姓なんざ時代錯誤とかは。

でも、漫符ばかりの作画と、
主人公絶対中心で話が進むところに萎えました。

そんな、忙しいときの新撰組志士が、
よってたかって新入り子供のことを四六時中構うと思うか?!
だいたいトラウマ克服ストーリーやりたいなら、べつに新撰組じゃなくてもいいんじゃ?
そもそもこれ、歴史もんである必要すらあるんか?

萌え先行? 先行が過ぎないか? はじけすぎちゃうか?!

と、勝手にPiss Offしてました。

私、頭に血が上りすぎ(笑)
歴史物だと、無駄に力がはいってしまいます。
好きだからね。

Half.comで安価といえど、買ったんだから最後まで見る、とがんばって見ていた旦那も
最終話で、Cheesieだったね…と、あきれているようだったので、
DVDセットをEbayで売って原価回収しよう!と持ちかけたのですが、
だめー!といわれました。
なんでも、新撰組ものの英語訳で出ているものがほかにないから、とのこと。

ここずっと、旦那は新撰組萌えなんだったな、そうだった…


だれか、司馬 遼太郎でも英訳したげてください!!


萌え先行新撰組漫画なら、私は絶対「風光る」のほうが
高品質だとおもうのだけどな。
やっぱりアニメのほうが、じかに楽しめていいのかな?